ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1079]

ファイルシステム(NTFS、exFAT、FAT32、FAT16)の違いについて

  • 公開 2010年8月23日 18時21分
  • 更新 2016年10月6日 17時0分

FAT32、FAT16、NTFS、exFATとは何ですか。


下段アンケートにご協力ください。ご記入頂いた内容に基づきQ&Aを改善した場合、Twitterにてご報告(見本1 見本2)することがあります。お手数ですがBuffaloCS Twitter のフォロワー登録もお願い致します。


最優秀テクノロジー部門賞

ハードディスクやMOディスク等をフォーマットを行う際に選択するファイルシステムには、FAT16、FAT32、NTFS、exFAT等があります。

FAT16、FAT32、NTFS、exFATには、それぞれ次のような長所と短所があります。

また、各Windows(Windows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista/ XP/ 2000/ Me/ 98/ NT等)によって、対応しているファイルシステムが異なります。

※各OSがどのファイルシステムに対応しているかの確認はこちら

FAT16 長所
  • Windows 95
    (4.00.950/4.00.950a)、Windows NT、Windows 3.1、DOSでも使用できる。
短所
  • 1つの領域として確保できる容量は最大2047MBまで。
    (但し、DOS/V機でWindows NT4.0をインストールする領域は、最大4.3GBまでになります。)
  • 確保する容量が大きくなるとクラスタサイズも大きくなり、ディスクの使用が非効率的になる。
FAT32 長所
  • クラスタサイズがFAT16よりも小さく、ディスクを効率的に使用できる。
  • 1つの領域として確保できる容量は最大2テラバイトまで。
  • 1ファイルの容量は最大4GBまで。(Windows 98/98Seの場合は2GBまで)
短所
  • Windows 95(4.00.950/4.00.950a)、Windows NT、Windows 3.1、DOSなどでは使用できない。
  • 確保する領域が512MB以下のときは、FAT16としてフォーマットされる。 (FAT32としてはフォーマットできません)。

■Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaの場合での注意事項
FAT32でフォーマットされた領域作成はOSの制限により32GBまでです。
FAT32のファイルシステムの場合は32GB以下の容量で領域を作成してください。

NTFS 長所
  • 1ファイルが4GB以上でも保存できる。(容量制限はありません。)
短所
  • Windows Me/ 98SE/ 98/ 95(4.00.950/4.00.950a)、Windows NT(※)、Windows 3.1、DOSなどでは使用できない。
    ※Windows NT4.0はNTFSに対応しています。
exFAT 長所
  • 1ファイルが4GB以上でも保存できる。(容量制限はありません。)
  • 32GB以上の領域を1ボリュームとして設定できる。
短所
  • Windows 10/ 8.1/ 8/ 7、Windows Vista SP1、Windows XP SP2/SP3(※)のみ対応。
    その他のOSでは使用できない。
    ※Windows XP SP2/SP3をexFAT形式に対応させるためには、マイクロソフトが公開しているexFAT対応の更新プログラムを適用する必要があります。
  • 内蔵ハードディスクには適用できない。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる