ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 10824]

Disk FormatterでFAT32形式にフォーマットする方法

  • 公開 2011年2月24日 19時24分
  • 更新 2013年11月11日 13時2分
Disk FormatterでFAT32形式にフォーマットする方法

フォーマットをおこなうと、ハードディスク内に保存されているデータは全て消去されます。
大切なデータはあらかじめ、パソコンや他のメディアにコピーしてください。 

  1. パソコンの電源をONにします。
    製品付属のACアダプターを、USBハードディスクとコンセントにつなぎます。
    USBケーブルをパソコンとUSBハードディスクへ接続します。
     
  2. 「DiskFormatter」をパソコンにインストールします。
    起動中のアプリケーションを全て終了し、付属のユーティリティーCDをパソコンにセットします。
  3. 「自動再生」画面が表示されたら、「BuffaloInst.exeの実行」をクリックします。
    「プログラムを続行するにはあなたの許可が必要です」と表示された場合は、[続行]をクリックします。
  4. ドライブナビゲーター(DriveNavigator)が起動したら、「かんたんスタート」をクリックします。
  5. [ソフトウェア個別のインストール]をクリックします。
  6. 「DiskFomatter」にチェックをつけ、 [インストール開始]をクリックします。
  7. 「DISK FOMATTERのインストールを開始します。」と表示されたら、[開始]をクリックしてください。
  8. [終了]をクリックします。
  9. 右上の×をクリックして、画面を閉じます。

    以上で、インストールは完了です。
  10. スタートメニューから「プログラム」-「BUFFALO」-「DISKFORMATTER」- 「DISKFORMATTER」の順に選択します。
  11. パーティションを削除をするドライブを選択します。

     
  12. 削除する領域を選択し、「パーティションの削除」をクリックします。

     
  13. 警告のメッセージが表示されるので確認して「はい」をクリックします。
    ※「はい」をクリックするとフォーマットがはじまり、ハードディスク内のデータが削除されます。
     この操作はキャンセルできません。大切なデータをバックアップしてからフォーマットしてください。


     
  14. 削除したパーティション領域を選択し、「フォーマット」をクリックします。

     
  15. フォーマット情報の確認が表示されます。確認して「はい」をクリックします。

     
  16. 「OK」をクリックします。

     
  17. パーティション情報がFAT32になっていることを確認し、「終了」をクリックします。

     
  18. ケーブルを抜き差ししてください。と表示されたら、USBハードディスクをパソコンから取り外します。
    取り外し方法はこちら。 再度、接続しなおし、[OK]をクリックします。



    以上で、フォーマットは完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる