ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1089]

ブルーレイディスクの再生ができません(ブルーレイドライブ)

  • 公開 2010年8月23日 18時30分
  • 更新 2016年9月28日 14時28分

【詳細】

・BluRayディスクを再生しようとするとエラーが表示され、再生ができません。

・「デジタル出力デバイス保護コンテンツを再生できません。ディスプレイがHDCPに対応するか確認してください」と表示される。

 

次の【対策1】~【対策6】を順に確認してください。

【対策1】対応を確認します

【対策2】Blu-ray Disc側に問題がないか確認します

【対策3】再生ソフトのアップデータを適用します

【対策4】グラフィックボードのドライバをアップデートします

【対策5】常駐ソフトを停止します

【対策6】他の周辺機器を取り外します
【対策1】対応を確認します
お使いのパソコンがブルーレイの再生に必要な環境を満たしているかどうか、下記サイトのソフトウェアで確認します。

【PC環境確認ツール「CyberLink BD Advisor」(日本語版)ダウンロードサイト】
http://jp.cyberlink.com/prog/bd-support/diagnosis.do

※ダウンロードの際、E-mailと氏名の入力、国選択が必要です。下記内容での利用も可能です。

・お名前 :BUFFALO ・メール:BUFFALO@cyberlink.com
・国 :Japan
また、上記と合わせて製品パッケージや製品情報ページで製品の正常使用に
必要なパソコンの動作環境を確認してください。

>TOPへ戻る


【対策2】Blu-ray Disc側に問題がないか確認します
再生しようとしているBlu-ray Discに問題はないか確認するため、再生するBlu-ray Discを変更したり、他の
ブルーレイドライブに挿入して 再生できるBlu-ray Discかどうか確認します。
また、以下の点も合わせて確認してください。

・海外向けのBlu-ray Discを再生している可能性
海外向けのBlu-ray Discを再生している場合、ブルーレイドライブ本体に設定されているリージョンコードと
Blu-ray Discタイトルのリージョンコードが異なることが原因で、正常に再生ができていない可能性があります。
再生する際は、ブルーレイドライブ本体のリージョンコードをBlu-ray Discのリージョンコードと同じコードに
設定する必要があります。

>TOPへ戻る


【対策3】再生ソフトのアップデータを適用します
再生ソフトのアップデートが提供されている場合、アップデートを行うことで 正常に再生できるようになることが
あります。使用している再生ソフトメーカで、アップデートが提供されているか確認し、アップデートが
提供されている場合は、アップデートして再生を確認してください。
※再生ソフトのアップデートについては、使用しているソフトメーカへお問合せください。

>TOPへ戻る


【対策4】グラフィックボードのドライバをアップデートします
グラフィックボードのドライババージョンが古い可能性があります。
使用しているパソコンや、グラフィックボードメーカのサイトを確認し、 ドライバのアップデータが公開されている
場合は、最新版のドライバを適用してください。

>TOPへ戻る


【対策5】常駐ソフトを停止します
常駐ソフト(ウィルスチェックのソフト等)をインストールしている場合、 それらのソフトが実際には動いていないように
みえても常駐して動作している場合があります。
その場合、CPUの動作が常駐ソフトに奪われ、スムーズに動画の再生が できなくなることがあります。
他に動作させているアプリケーションソフトがある場合は終了し、常駐ソフトは外してから再生を確認してください。

※参考 常駐ソフトの停止方法

>TOPへ戻る


【対策6】他の周辺機器を取り外します
ブルーレイドライブ以外に増設している機器がある場合、それらの機器を取り外し、本製品のみパソコンに
接続してください。

以上
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる