ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1097]

暗号化機能の有効/無効を切り替える方法(SecureLock Manager Easy)

  • 公開 2010年8月23日 18時34分
  • 更新 2016年11月18日 9時49分

【詳細】

・暗号化を解除したい

・暗号化モードから通常モードに変更したい

・パスワード画面を表示させないようにするには?

※以下の手順を行うと、本製品内のデータがすべて削除されます。
データのバックアップを行ってから設定を行ってください。

「暗号化モード」と「通常モード」の切り替えはSecureLockManagerEasyで おこないます。

  1. ハードディスクをパソコンに接続します。
  2. SecureLock Manager Easyを起動します。
    Windows 8.1:
    スタート画面のImageをクリック(タブレットでは、画面中央から上へスライド)し、アプリ画面の [Secure Lock Manager Easy] を選択

    Windows 8:
    スタート画面の [Secure Lock Manager Easy] を選択

    Windows 7:
    [スタート] - [すべてのプログラム] - [BUFFALO] - [Secure Lock Manager Easy] - [Secure Lock Manager Easy] を選択
  3. SecureLock Manager Easyが起動したら、[暗号化モードの設定]タブをクリックします。
    [暗号化モードに変更] と [暗号化モードを解除] ボタンで切り替えます。
    SecureLock Manager Easy暗号化モードの設定
    暗号化モードに変更
    暗号化モードに変更します。変更時にパスワードを設定を求められます。

     

    暗号化モードを解除
    暗号化モードを解除します。解除時にパスワード認証を求められます。

     

    ※SecureLock Manager Easyはお使いの製品の対応機種、対応OSでお使いください。
    製品の対応OSについては各製品ページの仕様欄をご確認ください。

 

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる