ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1143]

外付けハードディスクへアクセスするとエラーが表示されます

  • 公開 2010年8月23日 19時2分
  • 更新 2016年10月7日 10時6分
【詳細】
外付けハードディスクへのアクセス時に次のメッセージが表示されて読み書きできません。
・ファイルまたはディレクトリが壊れているため読み取ることができません
・ドライブ○○のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?
次の【対策1】~【対策7】を確認してください。

【対策1】ハードディスクのフォーマット形式を確認します
今まで別のパソコンで使用していたハードディスクを接続した場合など、外付けハードディスクのフォーマット形式が、
使用しているOSに対応していない場合があります。

使用しているハードディスクのフォーマット形式は、使用しているOSに対応しているかどうか確認してください。

*NTFS形式でフォーマットしたハードディスクはWindows Vista/XP/2000でのみ使用可能です。
*exFAT形式でフォーマットしたハードディスクはWindows Vista SP1以降、 Windows XP SP2以降でのみ使用可能です。


【対策2】外付けハードディスクの通電を解除します
外付けハードディスクの電源コードをACコンセントから抜き、パソコンと接続しているケーブルを外した状態で1日程
放置した後、パソコンが起動してから接続してアクセスできるか確認します。


【対策3】常駐ソフトを停止します
常駐ソフト(ウィルスチェックのソフト等)がインストールされている場合、ソフトのプログラムが影響しハードディスクへ
正常にアクセスできない場合があります。

常駐ソフトがインストールされている場合は該当ソフトを常駐から外したり、アンインストールして動作を確認します。
*常駐ソフトの設定の詳細につきましてはインストールされているアプリケーションソフト製造元にお問い合わせください。


【対策4】USBポートを変更します
パソコンに複数のUSBポートがある場合は、ハードディスクを接続するUSBポート(挿し込み口)を変更します。

また、USBハブを介して製品を接続している場合はUSBハブを取外し、PCカードをご利用の場合は、PCカードを
経由しないでパソコン標準のUSBポートに直接接続してアクセスできるかお試しください。


【対策5】他の増設機器・周辺機器を取り外します
パソコンに、本製品以外の機器が接続されている場合、接続されている機器が影響して正常にアクセスできない
場合があります。
また、他のUSB機器と併用している場合、USBバスの帯域が足りず、正常に動作できない場合があります。
他の周辺機器・増設機器を接続している場合は、それらを外してからハードディスクへのアクセスをお試しください。


【対策6】他のパソコンに接続して再現するか確認します
他のパソコン(他のWindows)をお持ちの場合は、他のパソコンに接続したときに読み込みできるか確認します。

また、使用するパソコンを変更すると、アクセスができないことがあります。
元の使用パソコンに接続してみて読み込みできるか確認します。

*他のパソコンへ接続して読込できる場合、他の媒体にバックアップを用意します。元のパソコンへ戻しても正常に
読み込みできない可能性があります。 元のパソコンに戻して、正常に読み込みできない場合は、以下【対策6】を
続いて確認してください。


【対策7】上記【対策1~6】を確認しても改善されない場合
ハードディスクの軽微な物理的障害か、ファイルシステムが損傷している可能性があります。
正しい手順で製品の取り外し操作を行っていない場合、同現象が発生することがあります。

ハードディスクに物理的な障害が発生していない時は、製品をフォーマットすることによりご利用可能な状態になります。
データが消去されることをご了承の上、フォーマットをお試しください。

ハードディスクをフォーマットする方法

・HD-CELシリーズのフォーマット方法はこちら

フォーマットができない場合、製品に物理的な問題が発生している可能性があります。
修理センターでの製品点検をお勧め致します。修理センターについてはこちら

*製品点検時にハードディスク内部のデータは消去します。予めご了承ください。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる