ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1155]

RAID機能搭載外付けハードディスクでRAID構築する時の注意事項

  • 公開 2010年8月23日 19時6分
  • 更新 2014年2月26日 15時38分
【詳細】
・RAID構築するときに注意する点はありますか?
・複数台ハードディスクを接続するとRAID構築ができません。
・RAID構築時にはハードディスク内部に保存してあるデータは消去されますか。
RAID構築を行う場合は、以下の点にご注意ください。

●RAIDを構築する場合は、本製品一台のみを接続し、他のUSB機器や
 IEEE1394機器は全て取り外してください。

●RAIDを構築すると製品内部に保存されていたデータが全て消去されます。
 RAIDの構築を行う前にバックアップを作成してください。

●Windows 2000/XP/Vista/Server2003をご利用の場合、
 RAID構築後に「NTFS形式」でフォーマットしなおすことをお勧めします。
 ※FAT32形式では4GB以上のデータを保存できません。   NTFS形式でフォーマットしなおすことにより、4GB以上のデータの保存も可能となります。   詳細はこちら  
 ※HD-QSU2/R5シリーズは専用のフォーマットツールが添付されています。   製品添付の取扱説明書を参照してください。 ●Windows Me/98、MacOS9.1~9.2.2ではRAIDを構築できません。  (HD-WIU2/R1シリーズ) 以上
※参考Q&A ・HD-WIU2/R1シリーズ:Macintoshパソコンで使用する場合の制限事項【データバックアップのすすめ】ハードディスクをお使いになるときのご注意
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる