ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 11971]

IEEE 802.11nとはどのような規格ですか

  • 公開 2011年3月18日 13時13分
  • 更新 2016年3月15日 14時16分
IEEE 802.11nとはどのような規格ですか

IEEE 802.11nは、無線LANの規格のひとつで、従来の規格に比較して、次のような特長があります。

  1. 高速である

    理論転送速度は 300Mbps(2008年6月時点)であり、これまでの規格より高速です。

  2. 安定性が高い

    複数のアンテナを用いて通信を行う MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を採用しており、安定した通信が可能です。

  3. カバーエリアが広い

    安定性の向上のみならず、カバーエリア自体も広がります。アクセスポイントから離れても、通信速度(帯域)は比較的高いレートの状態が保たれます。

一般的に用いられている無線LANの規格一覧表
規格名 理論転送速度 使用電波帯域
IEEE 802.11n(ドラフト2.0) 300Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11b 11/22Mbps 2.4GHz


※現行製品の802.11n対応製品で、TKIP及びWEP暗号化を使用して倍速設定を行った場合、倍速動作を行いません。また、802.11n(TKIP及びWEP)で強制的に接続しようとしてくる機器は接続ができません。この時、速度を下げて(従来の54Mbps等)接続してくる機器は繋がります。

※802.11n対応製品での制限事項
正式な802.11nではTKIP及びWEP暗号化は非サポートとなります。
これらの暗号化を使用する場合、ドライバのバージョンアップにより、既存のドライバよりもスループットが得られなくなってしまうこともございます。互換性を重視する為の対応となりますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる