ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1200]

USB/IEEE1394接続ハードディスクの電源が入りません

  • 公開 2010年8月23日 19時30分
  • 更新 2016年10月7日 14時26分

【詳細】
USB/IEEE1394接続ハードディスクの電源スイッチをONにしてもハードディスク本体のPowerランプが点灯しません。

次の【対策1】~【対策5】を確認してください。

【対策1】手動で製品の電源を切り替えます(AUTO電源切り替えスイッチがある製品の場合)

【対策2】接続ケーブルを変更します

【対策3】電源のコンセントを差し替えます

【対策4】接続ポートを変更します

【対策5】常駐ソフトを停止します

【対策1】~【対策5】を確認しても改善されない場合



【対策1】手動で製品の電源を切り替えます(AUTO電源切り替えスイッチがある製品の場合)

「PC連動AUTO電源切り替えスイッチ」が製品背面に搭載されている製品の場合、 「AUTO」と「MANUAL」で 設定を切り替えて、電源が入るか確認します。 「AUTO」の状態では、製品が認識されるまで電源が入りません。 手動で製品の電源を切り替える際は、製品の電源を切った後、 「MANUAL」に設定してから製品の電源ボタンを ONにします。

>TOPへ戻る

【対策2】接続ケーブルを変更します

製品を接続するケーブルを複数本お持ちであれば、接続ケーブルを変更して 動作を確認します。 また、USB接続と IEEE1394接続両対応の製品の場合は、接続方法を変更して動作を確認します。

>TOPへ戻る

【対策3】電源のコンセントを差し替えます

製品を接続しているプラグの抜き差しを確認します。 また、延長コード/タコ足配線にしている場合は、電源の 差込場所を変更したり、 壁のコンセントに直接プラグを差し込んで確認します。

>TOPへ戻る

【対策4】接続ポートを変更します

パソコン側に製品を接続する接続ポートが複数ある場合は、接続位置を変更して 動作を確認します。 また、USBハブや延長ケーブル、PCカードインターフェースを使用している場合、 IEEE1394接続機器で ディジーチェーン接続で使用している場合は、接続を外して、パソコンへ直接接続して動作を確認します。

>TOPへ戻る

【対策5】常駐ソフトを停止します

常駐ソフト(ウィルスチェックのソフト等)がインストールされている場合は、 それらのソフトが影響し、製品が 正常に認識・動作できない場合があります。 該当ソフトを常駐から外すか、アンインストールして動作を確認します。

※常駐ソフトの詳細な設定についてはソフト製造元にお問い合わせください。
※参考FAQ
常駐ソフトの停止方法

>TOPへ戻る

■【対策1】~【対策5】を確認しても改善されない場合

上記、対策1~5の手順を確認しても改善されないときは、 ハードウェアに問題が発生している可能性があります。 修理センターでの点検・修理をお勧めします。 また、以下の症状の場合は、ハードウェアの故障の兆候になります ので、 データの複製を作成し、修理センターで点検を行なうことをお勧めします。

・ハードディスクドライブから、今まで使用していた際にはなかった音(例えば、ガリガリ、カタンカタン等)がするようになった。

・スキャンディスクをかけると不良クラスタが増えるようになった。

・急にアクセスランプが点灯状態になり、アクセスできなくなることがある。
【修理センター】 http://buffalo.jp/shuri/index.html

>TOPへ戻る

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる