ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1213]

HD-CXU2シリーズとHDS-CU2シリーズの違いについて

  • 公開 2010年8月23日 19時38分
  • 更新 2011年5月27日 15時28分
【詳細】
HD-CXU2シリーズとHDS-CU2シリーズは何が違うのでしょうか。
違いがわかりません。
主な特徴や違いは次のとおりです。

・HD-CXU2シリーズ
パスワード設定やパスワード不要を切り替えて使用できるため、
家族で共有を考えている個人のお客様やSOHO向けの製品です。

・HDS-CU2シリーズ
ユーザー権限のパソコンでもソフトウェアのインストールが不要なため、
法人様向けの製品です。

詳細な違いについては下記表を参照してください。
製品シリーズ名 HD-CXU2シリーズ HDS-CU2シリーズ
特徴 ハードウェア暗号化に対応。
強制暗号化で保存データを暗号化します。
暗号化ドライブにアクセスするにはパスワード認証が必要。
ハードウェア暗号化に対応。
強制暗号化で保存データを暗号化します。
暗号化ドライブにアクセスするにはパスワード認証が必要。
データを保存したまま「暗号化モード(暗号化・パスワード認証要)」と「通常モード(暗号化しない・パスワード認証不要)」の切り替えができます。 暗号化のみ。
ドライブへのアクセスにはパスワード認証が必須。
AES暗号化(256bit) AES暗号化(128bit)
Windowsログイン時のパスワード認証と同時に本製品のパスワード認証も可能 Windowsログイン時のパスワード認証と同時に本製品のパスワード認証も可能
管理ソフトウェア(SecureLockManagerEasy)を使用して
パスワード失敗回数の制限が可能。詳細はこちら
失敗回数の制限なし
使用方法 初期セットアップ時に「暗号化モード」か「通常モード」か選択できます。「暗号化モード」を選択した場合はユーザーが初期パスワード設定をおこないます。 初期セットアップ時にドライバーをインストールします。ドライブには出荷時初期パスワードが設定されているため、ドライブアクセス時にパスワードを変更します。
管理ソフトウェアSecureLockManagerEasyで暗号化モードの切り替えやパスワード変更や自動認証、初期化等の設定が可能です。 パスワードの変更:パスワード認証ツールで可能。
自動認証:パスワード自動入力ツールで可能。
初期化:デバイス初期化ツールで可能。(初期化ツールは「Utility」-右クリック-開く-menu.exeで起動)
パソコンや本製品の電源をOFF(再起動)にするか、パソコンから製品の取り外し操作を行うことで
製品がロックされます。
パソコンや本製品の電源をOFF(再起動)にするか、パソコンから製品の取り外し操作を行うことで
製品がロックされます。
パソコンへドライバー・ソフトウェアの
インストール
管理者権限の場合:不要
ユーザー権限の場合:必要
不要
※パソコン本体の省電力モードを使用する場合はドライバーのインストールが必要になります。詳細はこちら
パスワードの
入力タイミング
パソコンへ接続して製品の認証を行う時 パソコンへ接続して製品の認証を行う時
パスワード変更 可能 可能
ユーザー権限
でのパスワード認証
可能
※管理ソフトウェア(SecureLockManagerEasy)のインストールが必要です。
可能
対応OS Windows 2000(SP3以降)、XP、Vista
MacOSX 10.4.x(暗号化モードは非対応)
Windows 2000(SP3以降)、XP、Vista
MacOSX 10.4.x
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる