ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 122]

無線親機に無線パソコンやゲーム機をAOSSで追加接続したところ、今までつながっていた機器がインターネットにつながらなくなりました。

  • 公開 2010年8月17日 13時49分
  • 更新 2016年11月25日 15時44分

【詳細】

無線親機に無線パソコンやゲーム機をAOSSで追加接続したところ、今までインターネットに接続できていたパソコンや スマートフォンがインターネットにつながらなくなりました。

【対象機器】

AOSSに対応した無線親機(旧機種)
※詳細な型番は本ページ下部の『このアンサーの対象となる「製品」と「OS・接続機器」 >> 表示』をクリックして確認してください
【原因】
一部の旧タイプの無線親機では、AOSSを実行したことによりSSID・暗号化キーが変更されます。
そのため、以前に手動接続していた機器は、SSID・暗号化キーが異なるため、無線接続が切断され、インターネット接続できなくなります。

【対策】
下記のいずれかの方法で再度無線接続を行ってください。
無線接続する機器 おすすめ(かんたん)手順 上級者向け手順
パソコンのみ 【方法1】AOSSで接続 【方法3】無線親機のSSID・暗号化キーを確認し、手動で無線接続
パソコン・スマートフォン 【方法2】初期化して再設定

最下段に、初期化から再設定しAOSSを使用しない動画を掲載しています。
テキスト版で上手くいかない場合、ご覧ください。


※動画で確認したい場合はこちら


【方法1】AOSSで接続(接続機器:パソコン)

切断されたパソコンからAOSS接続することで、新しいSSID・暗号化キーで自動接続することができます。

ご利用のパソコンのOSによって、使用するソフト・手順が異なります。
OSを選択すると、下に手順が表示されます。

パソコンのOS:

>TOPへ戻る


【方法2】初期化して再設定(接続機器:パソコン・スマートフォン)
  1. 初期化した後、再度インターネット接続の設定を行う必要があるため、プロバイダーから送付された登録通知書を用意しておきます。

    ※登録通知書には、インターネット接続のためにアカウント(接続ID、ログインアカウント、認証IDなどと 記載されている場合もあります)や パスワードが記載されています。

  2. 無線親機の初期化を行います。

    本体底面などにあるROUTERスイッチをONにした状態で、RESETスイッチ(INITスイッチ)をDIAGランプが点灯するまで数秒間、ピンなどの細いもので長押しします。

    ROUTERスイッチRESETスイッチ(INITスイッチ)例:
    WHR-HP-G
    WZR2-G300N

    ※機種によってスイッチの場所や長押しする時間が異なります。詳細は【初期化ボタンより初期化を行う方法】 でご確認ください。

  3. 無線親機のSSIDを確認し、メモします。

    初期SSIDは、製品本体の底面やサイドカバーを外したところに、[SSID]や[MAC]と記載されている値です。(「00」で始まる12桁の値)
    わからない場合は、【SSID記載場所】をご確認ください。
  4. 無線親機とパソコンまたはスマートフォンを手動で接続します。

    ※AOSSを利用せずに接続します。

    ※無線親機の初期設定を行う1台のみを接続します。(パソコンがある場合は、パソコンを接続することをおすすめします)


    下記のプルダウンより、接続したいパソコンまたはスマートフォンのOSを選択してください。
    選択すると、下に接続方法が表示されます。

    パソコン・スマートフォンのOS:
    1. 設定画面を開きます


      右下のタスクトレイにあるをクリックし、 を右クリックし、「設定を開く」をクリックします。
    2. 手順3で確認したSSIDを選択し、[接続]を選択します。



      ※自動的に接続するにチェックが入っていない場合は、チェックを付けてください。
    3. 設定が完了するとSSIDに「接続済み」と表示されます。

  5. 無線親機の設定画面を開き、無線の暗号化設定を行います。

    ※スマートフォン・タブレットで設定画面を表示した場合、一部ボタン等が表示されない場合があります。

    1. 無線親機に接続しているパソコン・スマートフォンで、設定画面を表示します。


      ■パソコンの場合:

      Internet ExplorerやFireFoxなどのWEBブラウザーを起動し、アドレス欄に半角で以下のように入力し、Enterキーを押します。

      http://192.168.11.1


      ■スマートフォンの場合:

      SafariやChromeなどのブラウザーを起動し、検索窓に「192.168.11.1」を入力し、検索します。

    2. ログイン画面が表示されたら、ユーザー名「root」を入力し、パスワードはそのまま(空欄)でログインします。

      パソコンからのログイン画面例:
      PCログイン

      スマートフォンからのログイン画面例:
      スマホログイン
    3. [無線(LAN)の暗号化設定をする]をクリックします。
      暗号化設定
    4. 11aと11gの両方に対応している機種の場合、下記画面が表示されます。
      [11aと11gに共通の暗号化を設定する ]をクリックします。
      無線規格選択
      ※11gのみ対応機種は次の手順へ進む
    5. [WPA/WPA2 mixedmode-PSK]をクリックします。
      暗号化方式の選択
    6. 暗号化キーを入力し、[設定]をクリックします。
      暗号化キー設定

      ※暗号化キーは忘れないように、先にメモしておいたSSIDと併せてメモしておきます。

    7. 無線セキュリティに関する確認画面が表示されたら、[設定]をクリックします。
    8. 暗号化設定が完了すると、無線接続が切断されます。
      ※暗号化なしで接続していた状態で、暗号化設定がされたため

    >TOPへ戻る

  6. 再度無線接続を行います。

    下記のプルダウンより、接続したいパソコンまたはスマートフォンのOSを選択してください。
    選択すると、下に接続方法が表示されます。

    パソコン・スマートフォンのOS:
    1. 設定画面を開きます


      右下のタスクトレイにあるをクリックし、 を右クリックし、「設定を開く」をクリックします。
    2. 手順3で確認したSSIDを選択し、[接続]を選択します。



      ※自動的に接続するにチェックが入っていない場合は、チェックを付けてください。
    3. メモしておいた暗号化キーを入力し、[次へ]をクリックします。
    4. 設定が完了するとSSIDに「接続済み」と表示されます。

  7. 無線親機にインターネット接続のための設定を行います。

    ※無線親機に接続した機器のうち、1台から1回だけ設定します。


    ※スマートフォン・タブレットで設定画面を表示した場合、一部ボタン等が表示されない場合があります。

    1. 無線親機に接続しているパソコン・スマートフォンで、設定画面を表示します。


      ■パソコンの場合:

      Internet ExplorerやFireFoxなどのWEBブラウザーを起動し、アドレス欄に半角で以下のように入力し、Enterキーを押します。

      http://192.168.11.1


      ■スマートフォンの場合:

      SafariやChromeなどのブラウザーを起動し、検索窓に「192.168.11.1」を入力し、検索します。


      ※この時点でインターネット上のページが表示できた場合は、この先の設定を行う必要はありません。これで設定完了です。

    2. ログイン画面が表示されたら、ユーザー名「root」を入力し、パスワードはそのまま(空欄)でログインします。

      パソコンからのログイン画面例:
      PCログイン

      スマートフォンからのログイン画面例:
      スマホログイン
    3. [インターネット接続を行う]をクリックします。
      インターネット接続設定
    4. 回線判別中の画面が表示された後、下記画面が表示された場合は、プロバイダーから送付された登録通知書に記載されている  インターネット接続のためのユーザー名・パスワードを入力し、[進む]をクリックします。
      インターネット接続設定
      接続先ユーザー名:
      プロバイダーより送付された資料・ハガキに記載されています。
      プロバイダーによって名称が異なります。
      例)接続ID、ログインアカウント、認証IDなど

      接続先パスワード:
      接続先ユーザー名に対するパスワードを入力します。
      「パスワードを表示する」にチェックすると、入力した文字がそのまま表示されるため、入力ミスを防ぐことができます。

      DNSネームサーバーアドレス:
      プロバイダーより送付された資料・ハガキに記載がない場合は入力する必要ありません。

      電力系光通信(イオ、ビビック、コミュファなど)のPPPoE接続設定を行う場合は、「こちら」をクリックし、入力してください。
    5. 「接続成功です」という画面が表示されたら、[設定完了]をクリックし、いったんWEBブラウザーを閉じます。
    6. 再度WEBブラウザーを起動し、インターネットに接続できることを確認します。
    無線親機に接続する機器を増やす場合は、手順6の方法(メモしたSSIDと暗号化キーを使用)で行ってください。
    AOSSで接続すると、AOSS接続した以外の全ての機器の無線が切断されるのでご注意ください。

【方法3】【上級者向け】無線親機のSSID・暗号化キーを確認し、手動で無線接続する(接続機器:パソコン・スマートフォン)
  1. インターネット接続できるパソコンで、無線親機のSSID・暗号化キーを確認します。

    ※AOSS接続をすると非常に長いSSID・暗号化キーが自動生成されます。
    既にインターネット接続できているパソコンで無線親機の設定画面を開き無線親機のSSID・暗号化キーを確認します。


    ※SSID・暗号化キーの確認方法はこちらのFAQをご確認くだsだい。

  2. 暗号化キーをコピー&ペーストして接続します。

    ■パソコンを接続したい場合:

    1) 親機のSSID・暗号化キーをコピーし、テキストファイルにペーストして保存後、USBフラッシュメモリーなどに保存します。

    2) USBフラッシュメモリーを無線接続したパソコンに取り付け、中を確認します。


    ■スマートフォンを接続したい場合:
    こちらのFAQを参考に、SSID・暗号化キーをスマートフォンにメールで送ります。
  3. パソコン・スマートフォンから無線接続します。

    【方法2】手順6を参考に、無線接続します。

    ※SSID・暗号化キーは前の手順でコピーしたものを使用

>TOPへ戻る


参考動画
  1. WZR2-G300N

    WZR2-G300Nを初期化しiPhoneで再設定

  2. WHR-HP-G

    WHR-HP-Gを初期化しAndoridで再設定

  3. WHR-AMG54

    WHR-AMG54を初期化しiPhoneで再設定

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる