ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 12228]

バックアップユーティリティーで保存したバックアップデータの削除方法

  • 公開 2011年4月13日 11時4分
  • 更新 2016年11月18日 13時37分

バックアップユーティリティーで保存したバックアップデータの削除方法

[注意]
削除は、特定のフォルダのみ等の部分削除はできず、対象のバックアップが全て削除されます。
必要なデータは、個別に復元してください。
Image バックアップユーティリティーでデータを復元する方法を確認する

"保護解除" を行い、バックアップアップしたデータを削除します。

"保護解除" によって、OSをリカバリした場合や、別のコンピュータでのバックアップなど、
アクセス権限がないバックアップデータにアクセスできるようになります。

  1. バックアップユーティリティーの復元ツールを起動します。
    起動方法は以下のいずれかの手順で起動します。

    ・[スタート]-[プログラム]-[BUFFALO]-[Backup Utility]-[復元ツール]をクリックします。
    ・BuffaloToolsランチャーから起動します。

    ・タスクトレイのアイコン(Image)を右クリックし、[復元ツールの起動] を選択します。
  2. 下記のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
    Image

  3. バックアップデータ一覧の画面から [管理ツール] をクリックします。
    Image

    ※上記とは異なる画面が表示される場合は、バックアップを停止してください。
    タスクトレイのアイコン(Image)を右クリックし、[バックアップを停止する] を選択してください。
     Image
  4. 管理ツール画面が表示されます。
    削除したいバックアップデータを選択して [保護解除] をクリックします。

    ※グレー表示の場合は、保護解除を
    実施する必要はありません。
    その場合は、手順6までお進みください。
    Image
  5. [はい] をクリックします。
    Image

    動作中のメッセージが表示されます。
    メッセージが消えるまでお待ちください。
    Image

  6. 保護解除が完了したら、[削除] をクリックします。
    Image
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる