ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 12337]

エラー発生時にメール通知を行うには?(WS-VLシリーズ)

  • 公開 2011年4月27日 10時54分
  • 更新 2013年9月5日 11時27分

エラー発生時にメール通知を行うには?(WS-VLシリーズ)

TeraStationのメール通知設定では、設定を変更したときや異常が発生したときに指定のメールアドレスにメッセージを送信することができます。

  1. TeraStationの設定画面を表示します。

    Image 設定画面を表示する方法を確認する
  2. [ スタート] - [ すべてのプログラム] - [ B U F F A L O ] - [ メール通知設定] - [ メール通知設定] をク
    リックします。
  3. メール通知の各項目を設定します。

    Image

    メール通知を有効にする メール通知機能を使用する場合、チェックボックスをクリックし、チェックマークを表示させます。
    宛先メールアドレス [ 新規] をクリックすると新しいアドレスを登録します。アドレスを選択して[ 編集] をクリックするとアドレスを変更することができます。アドレスを選択して[ 削除] をクリックするとアドレスを削除します。

    ※最大5 つのアドレスを送信先として登録できます。
    SMTP サーバー [ サーバーアドレス] には、SMTP サーバーアドレス(メールサーバーアドレス)を入力します。[ ポート番号] にはSMTP ポート番号を入力します。

    ※指定のない場合は標準のポート番号(25)が使用されます。また、ユーザー認証方式を「使用しない」や「pop before smtp」に設定した場合は、この欄に入力した番号にかかわらず、標準のポート番号(25)が使用されます。
    ユーザー認証方式 ユーザー認証方式を、[POP before SMTP][LOGIN(SMTP-AUTH)][CRAM-MD5(SMTPAUTH/CRAM-MD5)] から選択します。[POP before SMTP] を選択した場合は、POP サーバーアドレス( メールサーバーアドレス)、ポート番号を入力します。

    ※指定のない場合、標準ポート(110) が使用されます。
    [ ユーザー名] では認証で使用するユーザー名を入力します。
    [ パスワード] では認証で使用するパスワードを入力します。
    SSL/TLS ユーザー認証方式に「LOGIN(SMTP-AUTH)」「CRAM-MD5(SMTP-AUTH/CRAM-MD5)」を選択した際に、「SSL」「TLS」のどちらを用いるか指定します。
    通知メール件名 送信するメールの件名を指定します。

    ※半角文字にしてください。全角文字を使うと文字化けすることがあります。
    通知IP アドレス [IPv6] にチェックを入れると通知メールにIPv6 を追加してメール送信します。
    通知内容 メール通知で送信する内容を選択します。
    [ 定期報告] では選択した時刻にTeraStation のハードディスク状態を送信します。
    [HDD に異常が発生したとき] ではTeraStation のハードディスクに異常が発生した時に送信します。
    [ 起動・再起動したとき] ではシステムの起動、再起動時に送信します。
    [ ファンに異常が発生した時] ではTeraStation のファンに異常が発生した時に送信します。
    [ イベントID を指定] では、ログ種、ソース、イベントID を指定することができます。

    ※TeraStation のバックアップ機能やレプリケーション機能のエラーをメールで通知するには、イベントID を指定する必要があります。

    Image バックアップのイベントIDを指定する方法を確認する

    Image レプリケーションのイベントIDを指定する方法を確認する
    テストメール送信 設定した内容でテストメールを送信します。
  4. [適用]をクリックします。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる