ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 12355]

INFOランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容がわかりません(TS-HTGL/R5,TS-RHTGL/R5,TS-TGL/R5,HS-DHTGL/R5)

  • 公開 2011年4月27日 16時6分
  • 更新 2012年11月19日 9時38分
INFOランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容がわかりません

INFOランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容を説明します。
液晶ディスプレイ表示は本体の[液晶表示切替スイッチ]で切り替わります。

液晶表示例 内容
I10 SYSTEM I10
TOO HOT!

システムの温度上昇が、保証値を超える可能性があります。
TeraStation の回りに物を置かないでください。
または設置場所を涼しいところに移動させてください。

I11 HDx Warning I11
Bad Sectors
x番のハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達する可能性があります。ハードディスクの交換を推奨します。

Image ハードディスクの交換方法を確認する

I12 Operation Mode DEGRADE MODE RAIDのデグレードモード動作中です。
E13, E16, E23などが同時に表示されている場合はエラー内容も後確認ください。

Image エラー内容を確認する
I13 RAID I13
ARRAYx Formatting
x番のRAIDアレイをフォーマット中です。
フォーマットが終わるまでお待ちください。
I14 RAID I14
ARRAYx Checking
x番のRAIDアレイをチェック中です。

※ディスクチェックとは、ファイルシステムの破損をチェックし、修復する機能です。
※ディスクチェック中はTeraStationへのアクセスはできません。またディスクチェックを中断することはできないため、終了をお待ち下さい。
※ディスクチェックに必要な時間は、環境やディスク状態で異なりますが長い場合には1日程度かかることがあります。2日待っても終わらない場合は、電源ボタンで再起動して下さい。
※ディスクチェックは設定画面から行うことができます。
I15 RAID I15
ARRAYx Scanning
x 番のRAIDアレイのエラー状況を調査中です。調査中は転送速度が低下します。

※RAIDメンテナンスとは、RAIDの冗長性を利用して、リードできない不良セクタの値を修復します。そのため冗長性の無いRAID構成では利用できません。
※不良セクタ自体を修復するものではありません。不良セクタの代替は、HDD自身の機能で行われます。
※実行中はTeraStationの処理速度が低下します。
※設定画面から定期実行を設定可能です。
I16

RAID I16
ARRAYx Creating

x番のRAIDアレイを作成中です。
I17 RAID I17
ARRAYx Resyncing
x番のRAIDアレイをリシンク中です。

Image リシンクの詳細を確認する

I18 RAID I18
ARRAYx Rebuilding
x番のRAIDアレイを再構成中です。再構成中は転送速度が低下します。
I19 RAID I19
ARRAYx 0 Filling
x番のRAIDアレイに0 を埋めて完全にデータを消去しています。
I20 DISK I20
DISKx Formatting
x番のハードディスクをフォーマット中です。
I21 DISK I21
DISKx Checking
x番のハードディスクをチェック中です。
I22 DISK I22
DISKx 0 Filling
x番のRAIDアレイに0 を埋めて完全にデータを消去しています。
I23 SYSTEM I23
Initializing
システム初期化中です。
I24 Network I24
Setting Config
IP アドレスの取得などネットワークを設定中です。
I25 SYSTEM I25
F/W UPDATING
製品のファームウェアをアップデート中です。アップデート中は、電源をOFFにしないでください。
I26 Web Setting I26
Initializing
Web設定初期化中です。
I27 USB Diskx I27
Checking
x番のUSBハードディスクをチェック中です。
I28 USB Diskx I28
Formatting
x番のUSBハードディスクをフォーマット中です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる