ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 12360]

バッファロー・ダイナミックDNSを登録する際のトラブルシューティング

  • 公開 2011年4月28日 11時16分
  • 更新 2014年6月10日 15時54分

バッファロー・ダイナミックDNSを登録する際のトラブルシューティング

バッファロー・ダイナミックDNSを登録した後、正常に使用できない場合、無線親機のWAN側IPアドレスが
プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)に設定されていることが考えられます。

 

BHR-4GRV、WHR-G301N、WHR-G301NA、
WZR-HP-AG300H、WZR-HP-AG300HA、
WZR-HP-G300NH、WZR-HP-G301H、WZR-HP-G302H、WZR-HP-G302HA、
WZR-HP-G450H、WZR-HP-G405HAの場合
[Internet/LAN]-[DDNS]の画面にエラー表示されます。
Image

BHR-4GRV2
"更新失敗"と表示され、使用できません。
BHR-4RV Ver2.31以降、
WZR-RS-G54HP、WZR-RS-G54、WHR2-G54V Ver2.31以降 の場合
"ダイナミックDNS状態"にエラー表示されます。
Image
BHR-4RV Ver2.31未満、WHR2-G54V Ver.2.31未満 の場合
"更新完了済み"と表示されますが、使用できません。
Image

 

 

[無線親機WAN(Internet)側IPアドレスの確認]

■BHR-4RV、WHR2-G54V、WZR-RS-G54、WZR-RS-G54HP の場合

  1. 無線親機の設定画面を表示します。
    [参考FAQ]
    設定画面を表示する方法(BHR-4RV)
    設定画面を表示する方法(無線親機)
  2. [アドバンスト]をクリックします。
  3. [管理]をクリックし、「システム情報」を表示します。
  4. 「WAN」に表示されている[IPアドレス]の値を確認します。
    Image

 

■BHR-4GRV2 の場合

  1. 設定画面を表示します。
    1)ブラウザーを起動し、アドレス欄に本製品のLAN側のIPアドレス(出荷時設定は「192.168.12.1」)を入力します。
    2)ユーザー名に「admin」、パスワードに本製品に設定済みの管理者パスワード(出荷時設定の場合はpassword)を入力し、[ログイン]をクリックします。
  2. 設定画面トップの[詳細設定]をクリックします。
  3. 画面左側の[ステータス]-[システム]を選択します。
  4. 「Internet」に表示されている[IPアドレス]の値を確認します。

 

■上記以外の場合

  1. 設定画面を表示します。
    [参考FAQ]
    設定画面を表示する方法(BHR-4GRV)
    設定画面を表示する方法(無線親機)
  2. 表示後、[ステータス]-[システム] を選択します。
  3. [Internet]の項目内にある[IPアドレス]欄の値を確認します。
    Image

 

WAN(Internet)側IPアドレスの欄に、下記の範囲でいずれかのIPアドレスが割り当てられている場合、
プライベートIPアドレスを採用した環境である可能性が高くなり、リモートアクセスは利用できません。

クラスA   10. 0. 0. 0 から  10.255.255.255
クラスB  172. 16. 0. 0 から 172. 31.255.255
クラスC  192.168. 0. 0 から 192.168.255.255

ご利用のインターネット回線から割り振られるアドレスがグローバルIPアドレスかプライベートIPアドレスかの詳細は、
ご契約のインターネット回線業者/プロバイダーに確認ください。

 

[原因と対処方法]

■インターネット業者/プロバイダから割り当てられるIPアドレスがプライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)の場合

CATVやマンションなどのインターネットサービスで、割り振られるIPアドレスが、プライベートIPアドレスの場合、
VPNサーバとしてリモートアクセスは利用できません。ご利用の契約がグローバルIPアドレスとプライベート
IPアドレスのどちらを採用しているかは、ご使用の回線業者やプロバイダまでご確認ください。

 

■ルーター機能搭載のモデム/終端装置などに本製品を接続する場合

ルーター機能搭載モデム/終端装置は、基本的に、接続した機器にプライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)を配布します。
その場合、接続した無線親機のWAN(Internet)側IPアドレスにも、プライベートIPアドレスを割り振るため、
VPNサーバーとしてリモートアクセスは 利用できません。本問題は下記のいずれかの方法で回避できる可能性があります。

 

設定する機器 方法1 方法2
ルーター付モデム・
終端装置*1
ルーター機能:無効 PPPoE機能:無効
かつ
PPPoEブリッジ機能:有効
バッファロー製
ルーター
ルーター機能:有効
かつ
PPPoE設定*2
ルーター機能:有効
かつ
PPPoE設定*2

 

*1:ルーター機能搭載モデム/終端装置に上記設定ができるか、また設定方法については、ご使用のモデム/終端装置に
添付の取扱説明書をご参照いただくか、インターネット業者/プロバイダーにお問い合わせください。モデム/終端装置の
設定を変更することで、各種サービス (例:IP電話)が使用できなくなることも考えられます。事前にご利用の回線業者/
プロバイダーにご確認ください。

*2
:無線親機にプロバイダーから指定された接続ユーザー名やパスワード設定を行います。設定手順はこちら

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる