ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1268]

省電力モードから復帰して録画予約を実行し、録画後に再度パソコンを省電力モードへ移行することはできますか

  • 公開 2010年8月24日 10時14分
  • 更新 2011年11月14日 15時0分

省電力モードから復帰して録画予約を実行し、録画後に再度パソコンを省電力モードへ移行することはできますか

省電力状態から復帰して予約されていた録画を実行して、再度パソコンを省電力状態に移行することができます。
ただし、スタンバイからの復帰時にパスワード入力する設定をしていると、省電力状態から復帰して録画を実行できません。
コントロールパネルの電源オプションから、次の手順で設定を変更してください。


・Windows 7
[スリープ解除時のパスワード要求]-[スリープ解除時のパスワード保護]-[パスワードを必要としない]を選択します。
"スリープ解除タイマーの許可"は有効にします。設定方法は下記の通りです。

  1. [コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]をクリックします。
  2. [電源オプション]-[省電力の設定の変更]をクリックします。
  3. [プラン設定の変更]をクリックします。
  4. [詳細な電源設定の変更]をクリックします。
  5. [スリープ]-[スリープ解除タイマーの許可]をクリックします。
  6. 設定を「有効」にします。
  7. [OK]をクリックします。
・Windows Vista
[スタンバイ復帰時のパスワード保護]-[パスワードを必要としない]を選択します。

・Windows XP
[詳細設定]タブから[スタンバイから回復するときにパスワード入力を求める]のチェックマークを非表示にします。

なお、Windows XPで省電力状態から復帰して予約録画を実行する場合は、PCastTV for 地デジのメインウィンドウを
終了してから(タスクトレイに常駐しているアイコンはそのままで)「スタンバイ」状態へ移行させてください。

*パソコンによっては省電力状態からの復帰ができない場合があります。復帰が可能かテストした後、使用することを
お勧めします。

[録画完了後に再び省電力状態に移行させたいとき]
録画予約設定画面の[電源管理]で[システムスタンバイへ以降]/[休止状態へ以降] を選択して録画を予約してください。

*スタンバイから復帰後にマウス/キーボードの入力が行われたりスタンバイ移行を拒否するイベントを発生する
アプリケーションが起動した場合など、パソコンの環境によってはスタンバイに戻らないことがあります。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる