ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 12818]

製品リカバリ後の注意事項は?(WS-6VL/R5,WS-QVL/R5,WS-WVL/R1,WS-RVL/R5,WS-QVL/R5SE)

  • 公開 2011年6月30日 11時47分
  • 更新 2012年3月16日 15時55分

製品リカバリ後の注意事項は?
(WS-6VL/R5,WS-QVL/R5,WS-WVL/R1,WS-RVL/R5)

4本ディスクを装着した状態で本製品をリカバリすると、
下図のようにOSの表示が実際の装着位置と異なる表示がされる可能性があります。
Image
※Windowsがリカバリ後に、レジストリへディスク固有番号を記録します。その記録がOS側から「自動認識」に依存することが原因です。

  • 実動作に支障はありませんが、ディスク交換したりする際に注意が必要です。
    (旧機種のWS-QLはOSに対する認識方法が異なるため、発生しません)
  • このような状態で、OS上の表示を直接編集することは出来ません。
  • 本当のディスク番号を調べるには、OS上の表示からプロパティをクリックする必要があります。
  • ディスク交換時にはWindows上の表示ではなく、必ずTeraStationのエラーランプを確認して交換を行ってください。
    【エラーランプの確認方法】
    ※WS-QVL/R5を例に説明します。

    1) 付属の鍵で前面カバーを開きます。
      Image

    2) ステータスランプが赤色に点灯しているハードディスクを確認します。
       Image 
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる