ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 13715]

リンクステーションクラウドエディションとWebアクセスはどう違いますか?(CS-WV/R1,CS-Xシリーズ)

  • 公開 2011年11月4日 16時43分
  • 更新 2011年12月26日 9時44分

リンクステーションクラウドエディションとWebアクセスはどう違いますか?(CS-WV/R1,CS-Xシリーズ)

Image


 

  リンクステーション
クラウドエディション

リンクステーション
Webアクセス

 ポート開放  不要  必要
 グローバルIP  不要  必要
 多段ルート環境  適用できる  適用できない
 スピード  サーバーの状態に依存   サーバーの状態に依存しない
 多段ルート環境  適用可  適用不可
 HTTPS  適用可  適用可
 メール共有アクセスパスワード  適用可  適用可


クラウドを使用する利点

従来のWebアクセスを利用してリンクステーションのデータにアクセスする際に、外部からのアクセスの為、ポート開放とグローバルIPが必要になります。リンクステーションのポート設定、共有フォルダー設定とルーターのポート開放を設定する際に、うまくできず、トラブルが多く発生しています。特に多段ルーターの環境において、指定ポート開放の設定は困難です。Webアクセスの利用可能な環境は限られていると言えます。

クラウドサーバーを利用することで、ポートの設定は不要になり、グローバルIPがなくても、多重ルーターの環境においても、インターネットに繋ぐだけで、リンクステーションのデータにアクセスすることができます。複雑な設定が省略できることと幅広い環境で利用可能なことはリンクステーションクラウドエディションの優れた点です。

アクセススピードについて

従来のWebアクセスを利用する際、リンクステーションのデータにアクセスするスピードはクライアント側とリンクステーション側それぞれのインターネットの接続状況に依存します。

例えばリンクステーションをインターネットに接続するルーターが故障する場合、リンクステーションへのアクセスはできなくなります。 (Buffaloサーバーの状態と関係ありません。)

クラウドサーバーを利用し、リンクステーションのデータにアクセスするスピードはクライアント側とリンクステーション側それぞれのインターネットとの接続状況のほかに、クラウドサーバーの状態にも影響されています。
例えばクラウドサーバーがメンテナンスや故障する場合、リンクステーションへのリモートアクセスはできなくなります。

・セキュリティーについて

従来のBuffalo NAS製品と同様に、リモートアクセスページでNASにアクセスする際に、常時SSL(HTTPS)を適用する設定ができます。また、友人や知り合いにメールで共有したコンテンツを見せる時にパスワードを入力するように設定することができます。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる