ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 13959]

まるっと全録の注意事項と制限事項

  • 公開 2012年2月14日 10時59分
  • 更新 2012年11月9日 15時53分

まるっと全録の注意事項と制限事項

注意事項
  • 「まるっと全録」動作中は、本製品が待機状態であっても衝撃を与えないでください。
    内蔵ハードディスクへ常に書き込みを行っています。衝撃を与えると、故障の原因となりますのでご注意ください。
    以下の設定・操作を終えると、設定・操作前にまるっと全録で録画したデータは消去されます。
    操作を行う前に大切な番組は内蔵ハードディスクまたは外付けハードディスクにダビングしてください。

    ・まるっと全録を停止して、10時間以上経過後にまるっと全録を再開する
    ・録画チャンネルの変更
    ・チャンネルスキャン
    ・ソフトウェアの更新
    ・録画画質の変更

  • まるっと全録で録画チャンネルに設定していないチャンネルは、テレビの視聴、および個別の録画もできません。
    まるっと全録の録画チャンネル選択については、初期設定時に十分ご検討ください。
  • 本体の設定初期化を行うと、まるっと全録で録画したデータを見ることはできなくなります。
    *個別録画、ダビングした番組は見ることが可能です。
  • 番組延長が発生した場合、予約した番組や番組表と異なる番組が録画・再生されることがあります。
  • 空き容量がなくなった場合、古い番組から順に消去されます。見たい番組は消去される前にダビングを行ってください。  
  • まるっと全録動作中にmini B-CASカードの抜き差しを行うと、音声や画像に乱れが発生することがあります。
    まるっと全録動作中はmini B-CASカードを抜き差ししないでください。
  • 再生中にリモコンの[早送り]ボタンと[早戻し]ボタンを繰り返し押すと、音声が出力されなくなることがあります。
    このような時は、一度停止後、再生してください。
  • まるっと全録機能を活かすためには、24時間ACアダプターを挿しておく必要があります。
    初期設定時に、どのコンセントにACアダプターを挿すかをあらかじめ十分ご検討ください。
  • ハードディスクは非常に精密な機器であり、予期せぬ停電や故障等で録画番組を消失する可能性があります。
    残しておきたい番組については、内蔵ハードディスクまたは外付けハードディスクにダビングしてください。
     
    Imageまるっと全録で録画した番組をダビングする方法


制限事項
  • サブチャンネルでのみ放送されている番組は、「まるっと全録」では録画されません。
  • まるっと全録の録画先に外付けハードディスクを設定することはできません。
    *個別録画機能で直接外付けハードディスクに録画することは可能です。
  • まるっと全録で録画しているとき、個別に録画しているときは、録画チャンネルを変更することはできません。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる