ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1421]

空き容量はあるがエラーがでて書き込みできない(Windows)

  • 公開 2010年8月24日 14時51分
  • 更新 2015年7月3日 16時33分
【詳細】
フラッシュメモリーに空き容量は十分にあるのに、データを保存しようとするとエラーが表示されて保存できません。
ルートディレクトリ(フラッシュメモリーにアクセスした直下の階層)に書込むことができる ファイル数の上限(512個)を上回る数を保存しようとしている可能性があります。

フラッシュメモリー内のファイルをいくつか削除すればファイルを追加書き込み・保存が できる場合は、次の対処方法をお試しください。

■対処方法
  1. 製品内のデータをパソコン本体のデスクトップ等に1つコピーし、コピーさせたファイルは製品内部から削除します。

  2. 製品内のデータ数が1つ減った状態で、製品内に1つフォルダを作成します。 [右クリック]-[新規作成]-[新しいフォルダ]で新しいフォルダが作成できます。

  3. 2で新規に作成したフォルダ内へファイルをコピーしてください。

    フラッシュメモリー内に作成したフォルダの中では、ファイル数に制限はありません。

    保存するファイル数が多い場合は、フォルダを作成してフォルダ内に書き込み・保存をおこなってください。


■補足
フォーマット後、通常ファイルはルートディレクトリに512個書ける状態になります。 これは、ファイルやフォルダの合計した数になります。ファイルやフォルダ名に小文字を使ったり、ロングファイルネーム(8文字以上のファイル名)を使うと、保存可能なファイル数が減っていきます。

※上記の対処方法を確認しても、症状が改善しない場合は、フォーマット状態が不安定であるために、エラーが表示されている可能性があります。

フォーマットしなおしてから、再度保存をお試しください。

※注意
領域(パーティション)の削除やフォーマットを行うと、製品内部のデータは消去されます。
必要なデータがある場合には、別媒体へバックアップ(複製)を行ってから、フォーマットを実行してください。


  • メモリーカード(SDメモリーカード、スマートメディア等)をご利用の場合
    ご利用になる機器(デジタルカメラ、MP3プレーヤ等)でフォーマットをおこなってください。
  • USBフラッシュメモリーをご利用の場合
    一部の製品には専用のフォーマットユーティリティを用意しています。 出荷時状態のフォーマットへ戻すための専用フォーマットユーティリティを ダウンロードしてご利用ください。

    ・ドライバダウンロードサイト
    http://buffalo.jp/download/driver/index.html

※製品シリーズ名称、また、製品個体により使用するフォーマッタが異なります。
適用の際には製品型番を再度ご確認ください。


  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる