ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 14311]

UNIX系OSからアクセスできますか(TS5010、TS5000、TS5000N、TS3010、TS3000、TS3000N、TS-2RZシリーズ)

  • 公開 2012年6月13日 18時53分
  • 更新 2017年2月21日 14時2分

UNIX系OSからアクセスできますか(TS5010、TS5000、TS5000N、TS3010、TS3000、TS3000N、TS-2RZシリーズ)

※TS-2RZH、TS-2RZSシリーズのファームウェア Ver.1.40未満をご利用の場合はこちらの手順をご確認ください。

 

NFS(Network File System)クライアント(UNIX系OSなど)から本製品の共有フォルダーへアクセスしたいときは、次の手順で行います。
NFSクライアント(UNIX系OSなど)での接続については当社はサポートしておりません。あらかじめご了承ください。

※NFSルールタブで設定できる項目は、製品によって異なります。詳しくは製品のユーザーマニュアルを参照ください。

  1. TeraStationの設定画面を表示します。
    Image設定画面を表示する方法を確認する
  2. 設定画面で [ファイル共有] クリックし、[共有フォルダー] の横にあるImageをクリックします。
    Image
  3. NFSクライアントへ公開する共有フォルダーをクリックします。
  4. [編集] をクリックします。
  5. [公開プロトコル] の [NFS] にチェックマークをつけ、[OK] をクリックします。
    Image
    *公開するNFS公開パスをメモします。NFSクライアントからアクセスする際に必要となります。
  6. [閉じる] をクリックします。
  7. [NFS] の横にあるImageをクリックし、表示Imageをにします。
  8. [ファイル共有] をクリックし、[NFS] の横にあるImageをクリックします。
    Image
  9. [クライアント設定] をクリックし、[クライアントの追加] をクリックします。
    Image
  10. NFSクライアント(UNIX系OSなど)のIPアドレスとホスト名を入力し、[OK] をクリックします。
    Image
    ・IPアドレス、ホスト名の確認方法はOSによって異なります。OSのヘルプ等をご参照ください。
  11. [NFSルール] タブがある場合は手順12へ進みます。 image手順12へ

    [NFSルール] タブがない場合は手順14へ進みます。 image手順14へ

  12. [NFSルール] タブをクリックします。
    image
  13. [ルールの追加] をクリックし、NFSルールを設定します。

    ※NFSルールタブで設定できる項目は、製品によって異なります。詳しくは製品のユーザーマニュアルを参照ください。

    image
  14. 設定が終わったら[閉じる] をクリックします。
    image

    ・登録を解除したいときは、表示されたホスト名のチェックボックスをクリックしてチェックマークを表示させ、
    [接続クライアントの削除]をクリックしてください。

    ・接続クライアントに登録されていないパソコンからもNFS接続ができることがあります。

  15. NFSクライアント(UNIX系OSなど)から本製品内の共有フォルダーにアクセスするコマンドを実行します。
    コマンドの例は次のとおりです。

    Linuxの場合:
    mount -t nfs <IPアドレス>:<本製品のNFS公開パス><ローカルパソコン上のマウントポイント>

    Windows Service for Unix 3.5の場合:
    mount <IPアドレス> : <本製品のNFS公開パス> <ネットワークドライブのレター(空いていないとエラーになります)>

    Solaris10の場合:
    mount -<F nfs IPアドレス> : <本製品のNFS公開パス><ローカルパソコン上のマウントポイント>

    macOSの場合:
    mount -t nfs -o resvport <IPアドレス> : <本製品のNFS公開パス><ローカルパソコン上のマウントポイント>

    以上です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる