ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 14406]

計画停電等に対する備え(TeraStation)

  • 公開 2012年6月28日 17時33分
  • 更新 2016年9月6日 15時23分
計画停電等に対する備え(TeraStation)

主要TeraStation型番と機能の一覧表

TeraStation
シリーズ名
UPS連動
シャットダウン機能
UPSリカバー機能 レプリケーション フェイルオーバー
WS-Vシリーズ
WS-RVシリーズ
WS-6Vシリーズ
(Windows 2008SS シリーズ)
     
WS-Qシリーズ
(Windows 2003SSシリーズ)
     
TS-TGLシリーズ      
TS-HTGLシリーズ
TS-RHTGLシリーズ
   
TS-WXシリーズ
TS-Xシリーズ
TS-RXシリーズ
 
TS-WVシリーズ
TS-Vシリーズ
TS-RVシリーズ
TS5010シリーズ
TS5000シリーズ
TS5000Nシリーズ
※上記一覧表の赤文字の製品をご使用中で「レプリケーション」「フェイルオーバー」機能を使用している場合、
シャットダウン・再起動の際には注意が必要です。

機能の概要

  • レプリケーション
    2台のTeraStation(メイン機、バックアップ機)で、片方をバックアップとして使用する機能です。
  • フェイルオーバー
    2台のTeraStation(メイン機、バックアップ機)で、障害が発生したときに、レプリケーション先のTeraStation(バックアップ機)に全運用が切り替わる機能です。

お使いのTeraStationの電源がUPS連動制御を利用しているかを、ご確認いただき、1か2を選択してください。

1.UPSを利用して電源制御を行っていない場合
2.UPSを利用して電源制御を行っている場合

 

 

 

 

1.UPSを利用して電源制御を行っていない場合

 

レプリケーションを使用している場合
メイン機の電源を先にシャットダウンしてから、バックアップ機の電源をシャットダウンしてください。
復電後は、バックアップ機を先に起動してください。
レプリケーションエラーが出た場合は、メイン機の設定画面より「再同期」を実行してください。

フェイルオーバーをしようしている場合
メイン機のWEB設定画面でメンテナンスモードに切り替えてから、2台とも電源をシャットダウンしてください。
復電後は2台とも起動した後で、メイン機の設定画面より、メンテナンスモードを解除してください。


図1: メンテナンスモードを解除する方法
Image

 

 

 

 

2.UPSを利用して電源制御を行っている場合

 

UPSの設定をご確認いただき、ご利用の環境に当てはまる【注意事項】を参照してください。

UPS連動機能:
①「このTeraStationに接続されたUPSと連動する」にチェックが入っている ②「ネットワーク上の他のTeraStationに接続されたUPSと連動する」にチェックが入っている
【注意事項1】 【注意事項2】

図2: UPS連動設定画面
Image



 

【注意事項1】

復電後に注意が必要です。

レプリケーションの場合

  • レプリケーションエラーが発生した場合は、レプリケーション元のTeraStationの設定画面から、レプリケーションの再同期を実行してください。

フェイルオーバーの場合

  • 停電前には手動でメンテナンスモードに設定し、その後にUPS連動シャットダウンが行われた場合は、復電時は2台とも起動した後で、メイン機のWEB設定画面より、メンテナンスモードを解除してください。
  • UPS連動シャットダウンで直接シャットダウンされた場合は、メイン機を先に起動してから、バックアップ機を起動させてください。
  • メイン機とバックアップ機を同時に起動させた場合、バックアップ機に方が早く起動してしまう場合があります。その結果、メイン機の障害を検知し、フェイルオーバーが動作するため注意が必要です。(エラーコード:I33、E27)

 

【注意事項2】

他のTeraStationのUPSと連動します。連動元のUPSの設定を必ずご確認のうえ、対処をしてください。

 

※お願い※
TeraStationの電源を計画停電前に予めシャットダウンすることで、バッテリーにかかる負担を低減することが可能です。
計画停電等でUPSバッテリーの充放電が繰り返されると、バッテリー部品の寿命を早める可能性があります。
UPS連動シャットダウンを利用される場合、常にバッテリーの状態を確認し、バッテリーの性能が低下している場合は早めに交換することをお勧めします。

APC社のご案内
http://www.apc.co.jp/howtouse/
OMRON社のご案内
http://www.omron.co.jp/ese/ups/support/info/keikakuteiden.pdf

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる