ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1460]

SDメモリーカードへ書込みができません(SDメモリーカード、カードリーダー・ライター)

  • 公開 2010年8月24日 15時39分
  • 更新 2015年7月3日 16時3分
【詳細】
SDメモリーカードの読み込みはできますが、書き込みができません
以下の点をご確認ください。

1.ライトプロテクトタブが「LOCK側」になっていないかどうかの確認

ライトプロテクトタブがLOCKされているとデータの書込みができず、「LOCK側」にすることでデータの書込みを禁止することができます。

*ライトプロテクトタブは端(停止するところ)まで動かしてください。

  ライトプロテクトタブ


2.フォーマットが正しく行われていない

SDメモリーカードを使用する場合、使用する機器(カメラ等)でフォーマットしてご利用下さい。
  
機器毎に専用のフォーマット形式がある場合があり、別の機器でフォーマットしたSDメモリーカードを使用すると正しくデータが保存できない場合があります。

フォーマット方法につきましては、ご利用の機器の取扱説明書をご参照下さい。

また、フォーマット情報が破損している可能性もございます。
可能であれば、一度フォーマットしなおして動作をご確認下さい。


3.ルートディレクトリにファイルが多く保存されている

ルートディレクトリ(SDメモリーカードを開いた最初の画面)に多くのファイルが保存されている場合、以下の手順でファイルの保存をお試し下さい。

  1. SDメモリーカード内部の任意のファイルを1つパソコン(マイドキュメント等)へコピーします。

  2. 上記1.の操作が可能である場合には、パソコンへコピーしたファイルをSDメモリーカード内部から削除します。

  3. SDメモリーカード内部へフォルダを1つ作成します。

    *ウィンドウ内の白い部分を「右クリック」-[新規作成]-[フォルダ]を選択することで「新しいフォルダ」が作成されます。

  4. 作成した「新しいフォルダ」内部にデータが保存できるかどうか確認します。


4.ご利用機器にて使用可能な対応容量についての確認

利用いただいております機器の対応メディア容量についてご確認下さい。
機器の対応メディア容量を超えている場合にはご使用いただけません。


5.著作権保護機能(セキュア)の対応についての確認

音楽をパソコンに録音し、録音した曲をSDメモリーカードに書込をしている場合、著作権保護された音楽を扱う為、著作権保護機能(セキュア)に対応していないカードリーダー・ライターでなければご使用いただけません。

ご使用のカードリーダー・ライターが著作権保護に対応しているかどうか確認してください。

*「DH-OP-SDCR」を除くバッファロー製カードリーダー・ライターは著作権保護機能には対応していません。

著作権の影響を受けないデータの書込みができる場合、ご利用のソフトメーカー様へSDメモリーカードがご使用いただけない現象についてご相談下さい。

*音楽管理ソフトの一例 : SD-Jukebox など
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる