ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15053]

LinkStationに登録したユーザー、グループにアクセス制限する方法(LS400、LS200シリーズ)

  • 公開 2013年5月30日 14時8分
  • 更新 2016年1月6日 16時17分

LinkStationに登録したユーザー、グループにアクセス制限する方法(LS400、LS200シリーズ)

Step 1~3にしたがって、LinkStationの共有フォルダーにユーザー、グループを登録してアクセス制限を設定します。

Step 1. ユーザーを作成する

  1. 詳細設定画面で[ファイル共有]-[ユーザー]の横にあるをクリックします。
  2. [ユーザーの作成]をクリックします。
  3. ユーザー名など各項目を入力し、[OK]クリックします。

    Notes:

    Windows 8をお使いの場合、Windows Live IDではなく、ローカルアカウント名でユーザー名を登録してください。
    ユーザーID が空欄の場合、自動的にユーザーID が割り当てられます。
    手動でユーザーID を設定するときは、手動で1000 ~ 1999の間の番号を他のユーザーと重複しないよう設定します。
    ユーザー単位で使用可能な容量を制限する場合は、クオータで[有効にする]を選択し、使用可能な容量を設定します。
    Windowsのネットワークログイン時のユーザー名、パスワー ドと同じユーザー名、パスワードにしてください。
    異なる場合、アクセス制限を設定した共有フォルダーにアクセスできません。
    また、Windowsでは、 ネットワークログイン名が異なっていた場合、ユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されますが、入力しても共有フォルダーにアクセスできません。
    必ずこちらで設定したユーザー名、パスワードでWindows にログインしてください。

以上でユーザーの作成は完了です。

 

 

Step 2. グループを作成する

  1. 詳細設定画面で[ファイル共有]-[グループ]の横にあるをクリックします。
  2. [グループの追加]をクリックします。

     

  3. グループ名など各項目を入力し、[OK]クリックします。

Notes:

  • グループIDが空欄の場合、自動的にグループIDが割り当てられます。手動でグループID を設定するときは、手動で1000~1999 の間の番号を他のユーザーと重複しないよう設定します。
  • "グループ権限"に[一般ユーザー]を選択すると、ユーザーログイン時にログインしたユーザーパスワードのみ設定変更できます。[管理者]を選択すると、全ての操作をすることができます。
    [パワーユーザー]を選択すると、次の操作をすることができます。
    • 共有フォルダーの作成、編集
    • 一般ユーザーの作成、編集
    • 一般グループの作成、編集
  • グループ単位で使用可能な容量を制限する場合は、クオータで[使用する]を選択して、使用可能な容量を設定します。

以上でグループの作成は完了です。

 

 

Step 3. アクセス制限を設定する

  1. 詳細設定画面で[ファイル共有]-[共有フォルダー]の横にあるをクリックします。
  2. アクセス制限を設定したい共有フォルダーをクリックします。
  3. [編集]をクリックします。

     

  4. [有効にする]を選択します。
  5. 追加したユーザーまたはグループのアクセス権限を選択します。
    :書き込み、読み込み可能   :読み込み可能   :アクセス不可

    画面はローカルユーザーでアクセス制限した例です。ローカルグループでアクセス制限したいときは、[ローカルグループ]タブをクリックし、グループの権限を選択します。
  6. [OK]をクリックします。
Note: 特定のユーザーに読取専用と書込可能が重複した場合は、読取専用となります。

 

以上でアクセス制限の設定は完了です。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる