ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15083]

LinkStationのハードディスクが故障したので交換したい (LS420Dシリーズ)

  • 公開 2013年6月11日 10時56分
  • 更新 2015年5月22日 13時37分

LinkStationのハードディスクが故障したので交換したい (LS420Dシリーズ)

NAS Navigator2や設定画面でエラーになっているハードディスクは、次の手順で交換することができます。

ハードディスクを交換する前にお読みください

 

 

  1. LinkStationの電源をOFFにし、ケーブル類を全て取り外します。

     

  2. 正面から見て左側面を手前に引いて、前面カバーを取り外します。
  3. 故障したハードディスクをトレイごと少し持ち上げながら手前に引き出し、ハードディスクを取り外します。

    Note:

    故障していないハードディスクを抜かないでください。データの消失、LinkStationが故障する恐れがあります。
    天井部分を強く押さえつけないでください。
    ハードディスクはまっすぐ引き抜いてください。

     

  4. トレイから故障したハードディスクを取り外します。
  5. 別売の当社製ハードディスク「OP-HD/LSシリーズ」をトレイにはめ込みます。
  6. トレイとハードディスクをネジで固定します。
  7. トレイごとハードディスクを奥まで差し込みます。
  8. 前面カバーをはめ込みます。

     

  9. ケーブル類を元の状態に戻し、LinkStationの電源をONにします。

     

  10. RAID 0の場合

    LinkStationの設定画面[詳細設定] - [ディスク] - [RAID]で構築していたRAIDアレイをクリックし、[RAIDアレイの削除]をクリックします。

    [詳細設定] - [ディスク] - [ディスク]で交換したハードディスク(未フォーマット状態と表示)を選択し、[ディスクフォーマット]をクリックしフォーマットします。フォーマット後に[詳細設定] - [ディスク] - [RAID]でRAIDモードの設定します。

     

    RAID1の場合

    LinkStationの設定画面[詳細設定] - [ディスク] - [RAID]の中にあるRAIDアレイをクリックします。交換したハードディスクを選択し、[RAIDアレイの修復]をクリックします。以降は画面の指示にしたがって操作してください。

     

    通常モードの場合

    LinkStationの設定画面[詳細設定] - [ディスク] - [ディスク]で交換したハードディスクを選択し、[ディスクフォーマット]をクリックし、フォーマットします。

 

 

以上でハードディスクの交換は完了です。

 

 

 

 

ハードディスクを交換する前にお読みください

ページ先頭に戻る

表示 : スマートフォンPC

閉じる