ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15091]

中継機能の設定方法(WHR-300HP2/WHR-600D/WHR-1166DHP)

  • 公開 2013年6月14日 17時7分
  • 更新 2016年10月19日 14時36分

中継機能の設定方法(WHR-300HP2/WHR-600D/WHR-1166DHP)


無線LAN製品別Q&Aはこちら


下段アンケートにご協力ください。ご記入頂いた内容に基づきQ&Aを改善した場合、Twitterにてご報告(見本1 見本2)することがあります。お手数ですがBuffaloCS Twitter のフォロワー登録もお願い致します。


WHR-300HP2、WHR-600D、WHR-1166DHP を中継機として利用する方法は下記をご確認ください。

動画で確認する

■中継機能の設定方法(WHR-300HP2/WHR-600D/WHR-1166DHP)
テキスト版とは手順が異なりますが、接続可能です。

※手順をテキスト版でご覧になりたい方はこちら


【参考動画】
テキスト版で確認する


  1. 現在お使いの親機に、お使いの機器(パソコンや携帯端末など)を接続してインターネットに接続できることを確認します。
  2. 親機の近くに中継機を置きます。
  3. 中継機の背面のスイッチをBridge(ブリッジ)に変更し、中継機の電源を入れます。
    (ランプが正常になるまで1分ほどお待ちください。)

  4. 設定用パソコンのIPアドレスを192.168.11.xxx(例:192.168.11.135)に固定します。
    <IPアドレスを手動で設定する方法>
  5. 中継機と設定用パソコンをLANケーブルで接続します。
    ※設定用のパソコンの無線機能が[有効]の場合、一旦[無効]にしてからLANケーブルを接続します。
  6. WEBブラウザー(Internet Explorerなど)を起動し、アドレス欄に「192.168.11.100」と入力します。
  7. ログイン画面が表示されたら、ユーザー名欄に「admin」、パスワード欄に「password」を入力し、[OK]をクリックします。
    (パスワードを変更した場合は、変更後のパスワードを入力します)
  8. 設定画面が表示されたら、[無線設定]を選択します。
  9. [WDS]を選択します。
    ※WDSの項目がない場合、設定がルーターモードになっています。背面のスイッチをBridgeに変更してください。
  10. リピーター機能(WDS)の「使用する」にチェックを入れ、接続方法を選択します。


    AOSS BUFFALOの親機を利用する場合⇒こちら
    WPS 他社親機と接続する場合(ただし親機がWPSに対応している必要あり)⇒こちら
    手動設定 検索して接続する場合⇒こちら


     

    【AOSS/WPSの場合】
    1) 親機本体のAOSSもしくはWPSボタンを押します。

    2) 中継機の設定画面上に表示されている[AOSS]ボタンまたは[WPS]ボタンを選択します。


    >TOPへ戻る

     

    【手動設定の場合】
    1) [検索]ボタン選択します。


    2) 親機のSSIDにチェックを入れ、[選択]ボタンを選択します。
    (一番左側はBSSIDです。間違えないようにご注意ください。)


    3) SSIDが追加されますので、暗号の種類を選択して暗号を登録し、[設定]を選択します。

  11. 中継機のワイヤレスランプが2回周期で点滅 → 点灯 に変われば、接続は成功です。
  12. 手順4で固定した設定用パソコンのIPアドレスを「自動取得」に戻します。
    <IPアドレスを自動取得にする方法>
  13. 設定用パソコンを無線で接続させたい場合は、設定用パソコンと中継機を接続しているLANケーブルを取り外します。
  14. 中継機を設置したい場所に移動させます。
    (コンセントを一旦抜き、差し直しても設定は変更されません)

■AOSSによる中継機設定後のSSID・暗号化キーについて
  中継機のSSIDは、親機のSSIDに枝番が付いたもの(例:親機SSID-1)になります。
※枝番が付かず、親機と同じSSIDになる場合もあります。
  親機はマルチSSIDになり、既存のSSID以外に中継機と同じ枝番付きSSIDが追加設定されます。
※親機と同じSSIDになる場合は追加されません。
  中継機の暗号化キーは、親機と同じものになります。

■WPSによる中継機設定後のSSID・暗号化キーについて
 

中継機のSSIDは、親機のSSIDと同じものになります。

  中継機の暗号化キーは、親機と同じものになります。

 

>TOPへ戻る

■iPhoneで手動設定

 

>TOPへ戻る


■PCで手動設定

 

>TOPへ戻る


■親機が他社製品の場合

 

>TOPへ戻る

 

注目情報 不正アクセスに備えて(暗号化キー・SSID・管理パスワードを変更する方法)

注目情報 Wi-Fi検索時に無線親機のSSIDを隠す方法(iPhone編、パソコン編)

注目情報 無線親機に(接続している)無線機器を確認する方法(iPhone編)

注目情報 無線親機に登録した機器しか無線接続できない方法 MACアクセス制限(iPhone編)

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる