ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1547]

【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】ANY接続、ANY接続禁止

  • 公開 2010年8月27日 9時15分
  • 更新 2016年3月9日 17時42分
【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】ANY接続、ANY接続禁止
ANY接続とは

無線LAN接続ソフト(クライアントマネージャーV等)で、接続先のSSID(ESSID)を空欄に設定した場合、 無線パソコンから電波が届く範囲にいる無線LAN親機の中で、最も電波状態が良い無線LAN親機に接続する方法のことです。

この方法を使うと、無線LAN親機のSSIDがわからなくても接続が可能であるため、 フリースポットを提供している場所などで利用されています。

無線LAN親機側で「ANY接続」を「許可しない」に設定する、または「ANY接続」を「許可する」のチェックを外すことにより、 ANY接続による無線パソコンからの接続を禁止し、不特定で誰のものか分からない無線パソコンから接続されることを 禁止することができます。

この機能を設定した場合、無線パソコン側からは無線LAN親機を自動検出することができなくなります。
ANY接続を禁止する設定を行った無線LAN親機に接続したい無線パソコン側は、手動で接続する無線LAN親機に 設定されているSSIDと同じSSIDを手入力して設定する必要があります。
入力されたSSIDが一致していない場合、無線LAN親機と通信することはできません。

また、無線LAN親機に暗号化キーの設定を行なっている場合、SSIDとあわせてその暗号化キーも入力する必要があります。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる