ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15693]

無線親機を再起動すると、IPv6サービスが利用できなくなります/無線親機の電源を入れ直した後、ひかりTVにつながらなくなりました(WSR-1166DHP)

  • 公開 2015年4月24日 11時37分
  • 更新 2015年7月2日 13時53分

【詳細】

無線親機の電源を切って再度入れた後や、再起動した後にIPv6サービス(※)が使用できなくなります。
設定画面を確認すると「フレッツIPv6サービス対応機能」にチェックは入っています。

※ひかりTV、フレッツ情報サイト、フレッツ光プレミアム倶楽部など

【対象機器】

WSR-1166DHP(ファームウェアVer.1.06以下)
WSR-1166DHPのファームウェアがVer.1.06以下の場合、ファームウェア不具合のため、「フレッツIPv6サービス対応機能」を有効に設定していていも、 電源の入れ直しや再起動を行うと、同機能が動作しなくなります。

本不具合は、ファームウェアVer.1.07で修正されており、ファームウェアアップデートを行うことで解消されます。

お手数ですが、下記ダウンロードページより最新ファームウェアをダウンロードし、ファームウェアをアップデートしてください。

Windows版ファームウェア
MacOS版ファームウェア


【参考】ファームウェアをアップデートする方法


  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる