ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15807]

無線親機にUSB機器(USBハードディスク・USBメモリー)を取りつけた場合の制限事項

  • 公開 2015年9月25日 13時15分
  • 更新 2016年5月18日 16時16分

【詳細】

無線親機にUSBハードディスクやUSBメモリーを取り付け、簡易NASとして使用する場合の制限事項を教えてください

【対象製品】

WXR-1750DHP、WXR-1900DHP、WXR-1900DH2、WXR-2533DHP、WXR-2533DHP2
WZR-600DHP3、WZR-900DHP2
WZR-1166DHP、WZR-1166DHP2、WZR-1750DHP、WZR-1750DHP2
WZR-S600DHP、WZR-S900DHP、WZR-S1750DHP

※DWR-HP-G300N の場合はこちら
※WZR-HP-G450H(A)、WZR-HP-G302H(A) の場合はこちら
※WZR-HP-AG300H(A)、WZR-HP-G301NH、WZR-HP-G300NH の場合はこちら


全般的な制限事項

  • 全角文字(日本語など)のフォルダーやファイル名を作成するときは、80文字以内にしてください。
    80文字を越える名前のフォルダーやファイルは、コピー操作ができないことがあります。
  • フォルダーやファイルに属性(隠し/読取専用)を設定することはできません。
  • アクセス制限をかけて使用する場合、登録できるユーザー数は16名までです。
  • 共有フォルダー名とワークグループ名に漢字を使用すると、使用した文字によっては共有フォルダーやワークグループが正常に表示されないことがあります。 そのようなときは漢字以外の文字をお使いください。
  • 登録するユーザー名に以下の文字は使用できません。あらかじめご了承ください。
    adm、administrator、all、bin、daemon、disk、ftp、guest、halt、hdusers、kmen、lp、mail、man、news、nobody、nogroup、none、operator、root、shadow、shutdown、sshd、sync、sys、ttyusers、utmp、uucp、www
  • 登録するユーザー名に以下の文字は使用できません。あらかじめご了承ください。
  • MacとWindowsでデータを共有する場合、以下の文字では、文字化けは発生しませんが、コードが異なります。
    ―~∥-¢£¬
  • Macで作成したファイル名に下記の記号が含まれると、WindowsからはOSの制限により正常に表示できません。
    またMacでは、SMBを指定して接続する時に下記の記号を使用すると、ファイルをコピーできません(または正常に表示できません)。
    ? [ ] / \ = + < > ; : " , | *
  • ファイルのコピー中にキャンセルしたり、コピーを途中で終了(ネットワーク接続が切断した、USBケーブルが抜けた、停電など)したりすると、不完全なファイルがコピーされ、ファイルが削除できなくなることがあります。
    その場合は、無線親機を再起動してからファイルを削除し、コピー操作をもう一度行ってください。
  • 無線親機で使用するユーザー名、パスワードはWindowsのネットワークログイン時のユーザー名、パスワードと同じユーザー名、パスワードにしてください。
    異なる場合、アクセス制限を設けた共有フォルダーにアクセスできないことがあります。
  • 無線親機に搭載されているOSの仕様上、接続したUSBドライブへ保存したファイルの日付情報は更新されることがあります
    (作成日時、更新アクセスなどの日付情報は保持されません)。
  • ドライブの容量をブラウザーから確認したときと、Windowsのドライブのプロパティから確認したときでは、値が異なる場合があります。
  • Windows 10/8.1/8/7/Vistaにguestアカウントでログインした場合、無線親機に出荷時設定されているguestアカウントが存在するため アクセス制限が正常に動作しない場合があります。
  • Macからアクセスされた共有フォルダーには、Mac用の情報ファイルが自動生成されることがあります。
    これらをWindowsから削除した場合、Macからアクセスできなくなることがありますので削除はしないでください。

USB端子に関する制限事項

  • 本製品のUSB端子に接続できるのは、USBハードディスク、USBカードリーダー(5ドライブ以上認識されるカードリーダーは非対応)、USBハブ(セルフパワー型の対応機種のみ)です。
    デジタルカメラ、CD/DVDドライブ、マウス、キーボード等のUSB機器を接続して使用することはできません。
  • ハードウェア/ソフトウェアで暗号化されたUSBディスクは使用できません。
  • USBハードディスクによっては、節電機能が動作しないことがあります。
  • USB端子に接続して使用できるドライブは1台までです。
    当社製ハードディスク以外のハードディスクは対応しておりません(当社製DIU/DUBシリーズは非対応)。
    対応ハードディスクは、こちらをご参照ください。
    AUTO電源機能を搭載したハードディスクを接続しても認識できないことがあります。
    そのようなときは、「AUTO電源機能切替スイッチ」を「MANUAL」に設定してください。
  • USB端子に接続したドライブは第4パーティションまで認識できます。
    ファイルシステムはFAT12/FAT16/FAT32/XFS(※)を認識できます。
    ※WXR-2533DHPが対応しているファイルシステムは、FAT12/FAT16/FAT32/EXT4です。
  • WebAccessアプリ対応機種の場合、WebAccessのサムネイル表示機能には対応していません。

USBハブ使用時の制限事項

  • USBハブは、対応したもの(セルフパワー型)をご使用ください。対応機種については、こちらをご確認ください。
  • USBドライブへのデータ書き込み中やデータ読み出し中に、USBハブにUSB機器を接続すると、データの書き込み/読み出しが中断されます。
  • USB3.0ハブには対応しておりません。
  • USBドライブへのデータ書き込み中やデータ読み出し中にUSBハブにUSB機器を接続すると、データの書き込み/読み出しが中断されます。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる