ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15950]

どの無線親機を選べばよいかわかりません/無線親機の利用人数や接続台数の目安について

  • 公開 2016年3月18日 13時46分
  • 更新 2016年11月29日 13時23分
・無線親機の購入を検討していますが、どの無線親機を購入すればよいかわかりません。
・ホームページやカタログに記載されている「利用人数」は、どのように決められているのですか。
・1台の無線親機に何台まで無線機器を接続できますか。

※法人様向け無線LANアクセスポイントについてはこちらをご覧ください。

下段アンケートにご協力ください。ご記入頂いた内容に基づきQ&Aを改善した場合、Twitterにてご報告(見本1 見本2)することがあります。お手数ですがBuffaloCS Twitter のフォロワー登録もお願い致します。


無線親機を購入する際は、ホームページやカタログに記載されている家のタイプ(戸建・マンション)や 利用人数を目安にご検討ください。

無線親機一覧

上記ページの利用人数は、1人最大3台の無線機器(パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など)× 人数分 が
同時に無線接続した場合に快適にインターネットができることを想定した人数です。

ただし、5GHz/2.4GHzの両方に対応している無線親機は、接続する無線機器が5GHzと2.4GHzに分散されていることが前提です。

上記無線親機一覧に掲載されておらず、製品ページにも利用人数の目安の記載がない機種については、
ご利用環境にもよりますが、10台(※)を目安にご利用ください。

※端末毎のリンク速度や通信データ量、親機からのマルチキャスト量などの平均的な値を元にした数値です。
 利用環境・通信データ量によって左右されます。
 また、より上位のモデルの無線親機・子機を利用することで同時に快適にインターネット接続できる台数は増えます。

快適にご利用頂くために
5GHz/2.4GHzの両方の帯域に対応している無線親機をご利用で、複数の無線機器を接続する場合、
それぞれの帯域に分散させて接続することで、より安定した通信が期待できます。

参考:周波数帯(2.4GHz帯/5GHz帯)の違いについて

また、無線の届く範囲・距離は、ご利用の環境によって大きく異なります。
部屋の壁や天井の材質等によっては電波が反射・減衰し、ホームページや取扱説明書でご案内している電波環境より劣る場合があります。

参考:壁越しに(部屋や天井を挟んで)無線通信することはできますか/障害物があっても電波は届きますか

利用したい場所で無線接続ができない場合、無線親機の設置場所やアンテナの位置や向きを変更で
大きく改善する場合もありますので、ぜひお試しください。

また、中継機の導入により無線の届く範囲を広げることも可能です。

参考:中継機能で接続できる無線親機の組み合わせについて
参考:無線LAN親機と無線LAN子機/中継機能を組み合わせた場合の通信速度について


制限事項
  • WZR-G108/WZR2-G108をご利用の場合、無線の最大接続台数は14台までです
  • AOSSにて無線接続している場合、セキュリティキー交換が可能な無線端末の台数は24台までです

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる