ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 15967]

SecureLock Manager2のログ情報について

  • 公開 2016年4月21日 13時16分
  • 更新 2016年11月17日 15時4分
SecureLock Manager2のログ情報の見方について知りたい
SecureLock Manager2のログ情報について説明します。

ログ表示画面について

 

登録された操作ログやファイルアクセスログを表示するSecureLock Manager2の画面です。



アクセスログ チェックボックスをONにすることで、設定する製品のファイル アクセスログ機能が動作します。
ログの消去 製品のログを削除します。 削除後、"管理者:ログの消去"ログが登録されます。
ログをファイルに保存 製品のログをCSVで保存します。

 

表示されるログ情報について

 

ログには、操作ログとファイルアクセスログの2種類存在します。

 

  1. 操作ログについて

  2. 表1. 操作ログの種類
    ログの内容(操作欄に表示されます) 補足欄に表示される内容
    ユーザードライブを開く なし
    パスワードを変更 なし
    パスワードを変更 なし
    パスワードの入力ミス ミスしたパスワード
    認証の失敗回数が上限を超えたため、完全にロックされました なし
    PINコードによるロック解除 なし
    完全初期化を実行 なし
    認証情報をリセット なし
    Autorunウィルス対策機能を実行 なし
    非接触型ICカード/機器を変更 なし
    非接触型ICカード/機器を登録 なし
    非接触型ICカード/機器の認証失敗 なし
    「パスワードまたは非接触型ICカード/機器のどちらかを使用して認証する」を登録 なし
    「パスワードと非接触型ICカード/機器の両方を使用して認証する」を登録 なし
    「非接触型ICカード/機器のみを使用して認証する」を登録 なし
    「パスワードのみを使用して認証する」を登録 なし
    管理者:設定の変更 なし
    管理者:認証失敗回数のクリア なし
    管理者:ログを消去 なし

    >TOPへ戻る


    操作ログと共に以下の4点の情報も同時に記録されます。


    ①.時刻
    ②.PC名
    ③.PCに認識されたドライブレター (※1)
    ④.補足 (※2)

    ※1:HDD製品は、パスワード認証前の状態ではレターは記録されません。
    ※2:一部のログのみ表示されます。

     

  3. ファイルアクセスログについて

  4. ユーザードライブにデータを書き込んだり、読み込んだりした時にログとして記録されます。
    パスワード認証後に利用できる暗号ドライブ(お客様がデータを書き込むドライブ)をユーザードライブと言います。

    表2-1.アクセスログの種類
    ログの内容(操作欄に表示されます) ファイルパス欄に表示される内容
    ユーザードライブのファイルを読み込み 読み込み時にアクセスしたファイルパス ※1
    ユーザードライブのファイルを書き込み 書き込み時にアクセスしたファイルパス ※2
    ユーザードライブからファイルをコピーまたは移動 コピーまたは移動先のファイルパス ※3
    コピーガード機能によりファイルのコピー不可 コピーまたは移動時に制限された時のファイルパス ※4
    ※ログの登録例は表2-2をご参照ください。

    表2-2.ファイルアクセスログが登録される例
    ログの内容(操作欄に表示されます) ファイルパス欄に表示される内容
    ユーザードライブのファイルを読み込み 読み込み時にアクセスしたファイルパス ※1
    ユーザードライブのファイルを書き込み 書き込み時にアクセスしたファイルパス ※2
    ユーザードライブからファイルをコピーまたは移動 コピーまたは移動先のファイルパス ※3
    コピーガード機能によりファイルのコピー不可 コピーまたは移動時に制限された時のファイルパス ※4
    ※ログの登録例は表2-2をご参照ください。

    表2-2.ファイルアクセスログが登録される例
    参考アプリ
    エクスプローラ メモ帳
    ※1 - ユーザードライブのファイルを開いた時
    ※2 ユーザードライブにファイルをコピー・移動した時 ユーザードライブに上書き保存・名前を付けて保存した時
    ※3 ユーザードライブの外へ ファイルをコピー・移動した時 ユーザードライブの外へ名前を付けて保存した時
    ※4 コピーガードによりユーザードライブの外へ コピー・移動が制限された時 コピーガードによりユーザードライブの外へ名前を付けて保存が制限された時

    ファイルアクセスログと共に、以下の5点の情報も同時に記録されます。


    ①.時刻
    ②.PC名
    ③.PCに認識されたドライブレター
    ④.補足(ファイルにアクセスしたアプリ名が表示されます)
    ⑤.ファイルパス

>TOPへ戻る

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる