ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16053]

DIAGランプが4回赤点滅して、無線がつながりません(WAPM-1750D/WAPM-2133TR/WAPM-1266WDPR/WAPM-1266R)

  • 公開 2016年9月2日 16時52分
  • 更新 2017年7月19日 13時26分
無線アクセスポイントWAPM-1750D/WAPM-2133TR/WAPM-1266WDPR/WAPM-1266RのDIAGランプが4回ずつの赤色点滅して、無線がつながりません。
無線アクセスポイントへの給電方法によって対処が異なります。
詳細は下記をご確認ください。

 

PoE給電機器で給電している場合
無線アクセスポイントWAPM-1750D/WAPM-2133TR/WAPM-1266WDPRはIEEE802.3atに対応したPoE給電機器による給電に
対応しています。
IEEE802.3afにのみ対応しているPoE給電機器で給電を行うと、無線アクセスポイントは正常に動作せず、DIAGランプが4回赤点滅して、
無線が無効になります。

※IEEE802.3afで給電されているためにDIAGランプが4回赤点滅する場合は、無線アクセスポイントの設定画面トップページ右側の 無線情報に「PoEが802.3afであるため無効です」と表示されます。


使用しているPoE給電機器が、IEEE802.3atかIEEE802.3afか確認します。

PoE給電機器がIEEE802.3atの場合

IEEE802.3at対応の給電機器でも、給電機器側の設定などでIEEE802.3afモードで動作している場合は同様のエラーになります。
設定がIEEE802.3afの場合は、IEEE802.3atに変更し、無線アクセスポイントの電源を入れなおし動作を確認してください。

上記を確認しても状況が変わらない場合、製品の故障の可能性があります。
一旦初期化し、それでも状態が変わらない場合は、修理センターへ製品をご送付頂き製品の検査/修理のご依頼をご検討ください。

 

PoE給電機器がIEEE802.3afの場合

PoE給電機器をIEEE802.3atに対応したものに変更して、無線アクセスポイントの動作を確認してください。
それでも状態が変わらない場合は、修理センターへ製品をご送付頂き製品の検査/修理のご依頼をご検討ください。

 

ACアダプター(WLE-OP-AC48/WLE-OP-AC12C)で給電している場合
製品の故障の可能性があります。
念のため一旦初期化し、それでも状態が変わらない場合は、修理センターへ製品をご送付頂き製品の検査/修理のご依頼を
ご検討ください。

※WAPM-1266WDPRはACアダプターによる給電に対応していないため、本項は対象外です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる