ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16061]

ERRORランプ点灯時の設定画面やNAS Navigator2の表示の内容がわかりません(T3010シリーズ)

  • 公開 2016年9月21日 16時41分
  • 更新 2016年11月22日 16時34分
ERRORランプ点灯時の設定画面やNAS Navigator2の表示の内容がわかりません(T3010シリーズ)
本製品に異常が発生している場合、ERRORランプが赤色に点灯します。
NAS Navigator2や、本製品の設定画面でをクリックするとエラーの内容を確認することができます。
エラーコード 原因 対策
E10   停電によりUPSのバッテリーで駆動しています。 本製品をシャットダウンして電源が復旧するまでお待ちください。設定によっては、本製品は自動的にシャットダウンします。電源が復旧したら、本製品の電源をオンにしてください。
本製品に接続したUPSを使用する設定にしている場合は、接続しているケーブルが抜けています。 UPSと接続しているケーブルやLANケーブルが正しく差し込まれているか、確認してください。
別のTeraStationに接続しているUPSを使用する設定にしている場合は、本製品のLANケーブルが抜けています。
E11 ファンの回転数に異常があります。 ファンに異物やほこりがないか確認してください。異物やほこりがあったときは、ピンセットやエアダスター等で除去してください。
もう一度エラーが表示されるときは、当社修理センターへ修理を依頼してください。

インターネットで修理を申し込む
E12 システムの温度上昇が、保証値を超えました。 本製品の周りに物を置かないでください。または、設置場所を涼しいところに移動してください。
インターネットで修理を申し込む
E13 RAIDアレイでエラーが発生しました。RAID6/5/1/10のときはデグレードモードとして動作します。 RAIDアレイを再構築することで復旧できます。 同時にE15、E23またはE30が発生している場合にはエラーの発生した内蔵ハードディスクは交換することを推奨します。 ※ディスク交換の際には同時に表示されているドライブ番号をご確認頂き、交換対象のディスクを間違わないようご注意下さい E13はアレイ番号、E15,E23,E30はディスク番号を示します。
HDDの交換方法を確認する
E14 RAIDアレイがマウントできませんでした。 設定画面でRAIDアレイのディスクチェックを行ってください。
対応方法の詳細を確認する
E15 ハードディスク故障です。
(ハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達しました。)
ハードディスクを交換してください。
HDDの交換方法を確認する
E16 ハードディスクが見つかりません。 ハードディスクが接続されていない、またはハードディスクが故障している可能性があります。
シャットダウン後、ハードディスクを取り付けなおしてください。
HDDの交換方法を確認する
E22 ハードディスクのマウントに失敗しました。 ハードディスクのフォーマットを行ってください。フォーマット後、再起動した後もエラーが出る場合には、ハードディスクを交換してください。
HDDの交換方法を確認する
もう一度エラーが表示されるときは、当社修理センターへ修理を依頼してください。
インターネットで修理を申し込む
E30 エラーが発生し、ハードディスクがRAIDアレイから外されました。 ハードディスクを交換してください。
HDDの交換方法を確認する
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる