ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16064]

設定を保存/復元する方法(TS3010、TS3000、TS3000Nシリーズ)

  • 公開 2016年9月23日 15時1分
  • 更新 2016年9月23日 15時1分
設定を保存/復元する方法(TS3010、TS3000、TS3000Nシリーズ)
本製品の設定をUSBドライブに保存し、そのUSBドライブから他のTeraStationへ設定を復元できます
。設定のバックアップとしての用途や、新しく購入したTeraStationに本製品の設定をコピーしたいときなどにもお使いいただけます。

*設定保存時のハードディスクの構成(ハードディスクの個数、RAIDやLVMなど)をあらかじめメモしてください。
設定を復元する際には、復元先のTeraStationのハードディスク構成を設定保存時と同じ状態にしてください。ハードディスクの構成が異なると正しく設定が復元できないことがあります。
設定を保存する
  1. 別途1 GB以上の容量のUSBドライブを用意し、本製品のUSB端子に接続します。
    *USBドライブの中にあるデータは削除されます。大切なデータはあらかじめバックアップをしてください。
    *USBドライブに設定を保存する際に「指定された操作が実行できません」と表示されたときは、次の事項をご確認ください。 • 容量が1 GB以上のUSBドライブを使用しているかご確認ください。容量が小さいUSBドライブでは設定を保存できません。 • USBドライブの書き込みがロックされていないかご確認ください。書き込みが禁止されたUSBドライブでは設定を保存できません。
  2. 設定画面の[管理] をクリックます。
  3. [設定管理] の横にあるImageをクリックします。
    Image
  4. 「USBドライブ」の下にある「設定復元USBドライブの作成」を選択します。
  5. [対象USBドライブ] で本製品のUSB端子に接続したUSBドライブを選択し、[実行] をクリックします。
  6. 「通信の確認」画面が表示されます。表示されている数字を正確に入力し、[OK] クリックします。

    完了メッセージが表示されたら、設定の保存は完了です。
設定を復元する
*同シリーズ以外のTeraStationの設定を本機能で復元することはできません。
*設定復元USBドライブの作成時に設定を保存した時点のファームウェアバージョンが自動で適用されます。
  1. 設定を保存したUSBドライブを本製品のUSB端子に接続します。
  2. [設定管理] の横にあるImageをクリックします。
    Image
  3. 「USBドライブ」の下にある「設定復元USBドライブからの復元」を選択します。
  4. [対象USBドライブ] で本製品のUSB端子に接続したUSBドライブを選択し、[実行] をクリックします。
  5. 「通信の確認」画面が表示されます。表示されている数字を正確に入力し、[OK] をクリックします。

    完了メッセージが表示されたら、設定復元USBドライブからの設定の復元は完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる