ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1615]

【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】WEP(暗号、暗号キー)

  • 公開 2010年8月30日 15時23分
  • 更新 2016年3月9日 17時43分
【用語説明(ネットワーク 無線LAN)】WEP(暗号、暗号キー)
Wired Equivalent Privacy の略。

無線LANの規格である802.11に追加されたデータを暗号化する機能です。

WEP(暗号化)キーに40ビット(64ビット)長のデータを使う旧方式と
104ビット(128ビット)長のデータを使う新方式の2つがあります。

このWEP(暗号化)キーを元に送受信データを暗号化します。

万一、第三者に電波を傍受されても、暗号化されたデータの解読は
困難です。ビット数の値が大きいほど(40bit < 128bit)暗号が
複雑化し、セキュリティ度が向上します。

アクセスポイントにWEP設定を行なうと同じWEPキーを設定した
無線パソコンからしか接続ができなくなります。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる