ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16245]

TeraStationのレポート機能によりメール通知する方法

  • 公開 2017年3月31日 14時59分
  • 更新 2017年11月6日 17時3分

【詳細】

・TeraStationのレポート機能によりメール通知する方法

【対象製品】

WSH5411DN6、WSH5610DNS2、WSH5610DNS6シリーズ

TeraStationのレポート機能で通知されたイベントをトリガーに、設定したレポートの内容が発生した際にメールで通知することができます。
  1. 管理者権限でWindows Storage Serverにログオンします。
  2. Windows Storage Serverのスタート画面で[メール通知設定]をクリックします。
  3. [通知内容を編集]をクリックします。
  4. [レポート設定]タブをクリックして、「TeraStationのレポート機能によるメール通知を有効にする」にチェックを入れます。
    レポート設定
  5. [OFF]または[ON]をクリックして通知する機能を設定します。
    重要度の横にあるチェックボックスにチェックを入れたり外したりすると、その列の機能の通知設定を一括で行うことができます。

    重要度の違いは以下のとおりです。
    重要度 詳細
    定期報告 TeraStationの稼働時間や使用状況などの情報を含むメールが送信されます。
    定期報告メールを送信するときは、メールを送信する時刻をプルダウンメニューから選択してください。
    情報 RAIDボリュームの作成開始/完了、バックアップタスクの開始/終了など、現在の状態を含むメールが送信されます。
    警告 TeraStationに異常が発生しているときに異常の内容を含むメールが送信されます。
    このメールが送信されたときは、異常が発生していますがそのまま使用することもできます。 メールに記載された対策を早めに行うことをおすすめします。
    異常 TeraStationに異常が発生しているときに異常の内容を含むメールが送信されます。
    このメールが送信されたときは、発生した異常により正常に使用することができない状態です。 すぐにメールに記載された対策を行うことをおすすめします。

  6. 完了したら、[OK]をクリックします。
  7. [OK]をクリックします。
  8. ログオンしているユーザーのパスワードを入力して、[OK]をクリックします。
以上で、TeraStationからのレポートで通知メールを送信する設定は完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる