ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1630]

LPV3-U2SはWindows XP/2000以外のOSで使用できますか(使用できるOSバージョンと使用制限について)

  • 公開 2010年8月31日 9時32分
  • 更新 2013年8月28日 13時34分
【詳細】
プリントサーバ「LPV3-U2S」の製品情報ページや製品のパッケージには、
Windows XP/2000についての記載が大きくありますが、Windows XP/2000以外の
OSでは使えないのでしょうか。
本Q&Aでは、LPV3-U2Sを使用できるOSの種類・バージョン、ならびにLPV3-U2Sを使用する際の制限事項について案内します。

次の表にて説明します。

※LPV3-U2Sの使用にあたり、制限事項がありますのでかならず(※)の注記内容をご覧ください。



対応OS 印刷 スキャナ インク残量チェック
Windows 7     ※1 ※4 ※5   ○ ※1 ※4 ※5   ○ ※1 ※4 ※5
Windows Vista   ○ ※1 ※4   ○ ※1 ※4   ○ ※1 ※4
Windows XP/2000   ○ ※1   ○ ※1   ○ ※1
Windows Me/98/95   ○ ※2 × ×
MacOS8.6~/OSⅩ   ○ ※2 ※3 × ×
UNIX   ○ ※2 × ×

※1 32bit版は、LPV3ダイレクト接続マネージャに対応しているため、双方向通信プリンターでもご利用いただけます。
確認済みプリンター複合機は、製品情報ページで確認できます。

ただし、複合機のカードリーダー、USBストレージには非対応です。

64bit版は、LPV3ダイレクト接続マネージャに対応していないため、双方向通信に対応していません。
TCP/IPプロトコルで印刷を行ってください。
   
※2 双方向通信機能を無効にできないプリンター、Canon製レーザープリンターには対応していません。
プリンターの双方向通信機能を無効にしてご利用ください。
   
※3 Macintoshから印刷する場合、プリンターがPostScript(ポストスクリプト)に対応している必要があります。
   
※4 双方向通信機能を利用する場合は、LPV3シリーズユーティリティーCD 最新版に
含まれているダイレクト接続マネージャをご利用ください。ダウンロードはこちら
   
※5 本体のファームウェアをVer.1.10以降にアップデートしてご利用ください。
   
注: バージョンの異なるWindows(OS)が混在した環境でも利用できます。
ただし、上記表のとおり、Windowsバージョンによって使える機能が異なります。
  LPV3ダイレクト接続マネージャの単独でのご提供はおこなっておりません。
LPV3シリーズユーティリティCD Ver.1.12以降に収録しておりますので、LPV3シリーズユーティリティCDを
ダウンロードしてご利用ください。
   



以上
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる