ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16350]

Windows 10 Fall Creators Updateを適用したらNASに接続ができなくなりました

  • 公開 2017年10月16日 17時50分
  • 更新 2017年10月16日 17時59分

【詳細】

Windows 10 Fall Creators Updateを適用したらNASに接続ができなくなりました

【対象製品】

TS5010シリーズ、TS3010シリーズ, TS-2RZシリーズ, TS5000シリーズ

Windows 10パソコンで、Windows資格情報の追加を行うことで回避できる場合があります。
以下の操作を行ってください。

  1. 画面左下のWindowsロゴをクリックし、 [Windowsシステムツール] ‐[コントロールパネル]をクリックします。
    Image
  2. コントロールパネルで、表示方法の「カテゴリ」を選択し、「ユーザーアカウント」をクリックします。
    Image
  3. [Windows資格情報の管理]をクリックします。
    Image
  4. 資格情報マネージャーで[Windows資格情報の追加]をクリックします。
    Image
  5. 「インターネットまたはネットワークアドレス」、「ユーザー名」、「パスワード」に 情報を入力してから、「OK」をクリックします。
    Image

    「インターネットまたはネットワークのアドレス」、「ユーザー名」は接続するWindows端末とNAS(TeraStation)のドメイン参加状況で異なります。下記の表を確認し、使用環境に適したものを入力してください。

      NAS ドメイン非参加 NAS ドメイン参加
    Windows 10
    ドメイン非参加
    アドレス NASのホスト名またはIPアドレス NASのホスト名またはIPアドレス
    ユーザー名 NASに登録されているユーザー名 NASに登録されているユーザー名
    Windows 10
    ドメイン参加
    アドレス NASのホスト名またはIPアドレス NASのフルコンピューター名
    ユーザー名 NASに登録されているユーザー名 ユーザー名@ドメイン名

    補足:
    ホスト名またはIPアドレスは、アクセス手段によって異なります。例: ホスト名でアクセスをする場合は、ホスト名を登録します。
    ホスト名、IPアドレスの両方を登録しても問題はありませんので、両方を登録することを推奨します。
  6. 「Windows資格情報」欄から、該当の項目が登録されたことを確認してください。
    Image


  7. 以上


  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる