ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1638]

Wake on LAN(WOL)機能を使用する場合の注意事項

  • 公開 2010年8月31日 10時57分
  • 更新 2012年4月5日 13時57分
Wake on LAN(WOL)機能を使用する場合の注意事項(DWR-HP-G300NH、WHR2-G54V、WHR-G301N、WHR-G301NA、WHR-HP-G300N、WHR-HP-G300NA、WHR-HP-GN、WZR-HP-AG300H、WZR-HP-AG300HA、WZR-HP-G300NH、WZR-HP-G301NH、WZR-RS-G54HP、WZR-RS-G54、BHR-4RV)

エアステーションの設定画面、"リモートアクセス可能なPCを表示"内の「ネットワークサービス一覧」にて[ Wake on LAN ]を使用する場合、
以下の制限があります。

  1. 無線LANカード/アダプターでは使用できません。

    バッファロー製無線LANアダプターはWake on LAN機能に対応していません。無線LANを使用して接続しているパソコンではWake on LANを使用することはできません。

  2. パソコンのWake on LAN機能が有効になっている必要があります。

    Wake on LANを使用する場合は、パソコンまたはLANボードがWake on LAN機能に対応している必要があります。またパソコンがWake on LAN機能に対応していても、パソコンの BIOS設定でWake on LAN機能が無効になっている場合は、電源を入れる
    ことはできません。対応など詳細に関しましてはパソコンメーカー、LANボードメーカーにお問い合わせください。

    [参考]Wake On LAN対応 PCI&Low Profile PCI用有線LANアダプター LGY-PCI-GT

  3. パソコンを終了することはできません。

    Wake on LAN機能を使用してできることは、パソコンの起動のみです。 Wake on LAN機能を使用してパソコンを終了させることはできません。

    *注意:WHR2-G54V、BHR-4RVはファームウェアVer2.31以降で"Wake on LAN機能"対応です。
    最新ファームウェアは以下のページからダウンロード可能です。

    WHR2-G54Vファームウェアダウンロードページ
    BHR-4RVファームウェアダウンロードページ
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる