ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 16386]

Windows 10 Fall Creators Updateを適用したら無線LAN親機の簡易NAS機能が使用できなくなりました

  • 公開 2017年12月14日 9時44分
  • 更新 2017年12月15日 9時17分

・Windows 10 Fall Creators Updateを適用したら 無線LAN親機の簡易NAS機能が使用できなくなりました。

・下記のSMBv1無効警告の画面が表示され、無線LAN親機の簡易NAS機能が使用できません。
Image



WindowsパソコンにWindows 10 Fall Creators Updateを適用した後、SMBv1を15日間未使用の状態で再起動した場合、SMBv1が無効化され、 無線LAN親機の簡易NAS機能が使用できなくなります。

SMBv1を有効化することで、簡易NAS機能が再度使用できるようになります。

有効化の手順は以下の通りです。

  1. 画面左下のWindowsロゴをクリックし、 [Windowsシステムツール] ‐[コントロールパネル]をクリックします。
    Image
  2. コントロールパネルで、表示方法の「カテゴリ」を選択し、「プログラム」をクリックします。
    Image
  3. [Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。
    Image
  4. [SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート]にチェックを入れます。
    Image
  5. パソコンを再起動します。


  6. 以上


表示 : スマートフォンPC

閉じる