ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1835]

リピーター機能(WDS)に対応している無線LANアクセスポイントはどれですか

  • 公開 2010年9月17日 15時29分
  • 更新 2017年4月28日 11時54分

リピーター機能(WDS)に対応している無線LANアクセスポイントはどれですか

リピーター機能対応している機種同士であれば、リピーター接続できますか

以下の法人向け無線アクセスポイントが、リピーター機能(WDS)に対応しています。
機種によって、対応している認証方式が異なります。

同じ認証方式の無線アクセスポイント同士のみ、WDS接続が可能です。

独自A方式 独自B方式 独自C方式
  • WAPM-APG300N
  • WAPM-AG300N
  • WAPM-HP-AM54G54
  • WAPS-HP-AM54G54
  • WAPS-HP-G54
  • WLA-AWC
  • WLA-AWCG
  • WLAH-A54G54
  • WLAH-AM54G54
  • WLAH-G54
  • WLAH-HG-G54/R
  • WLM2-A54G54
  • WLM2-A54G54/H
  • WLM2-A54G54/HA
  • WLM2-AM54G54/HA
  • WLM2-G54
  • WLM2-G54/H
  • WLM2-G54/HA
  • WLM2-L11G
  • WLM-L11G

※リンクされていない製品は販売終了製品です。

※WAPM-1266WDPRとWAPM-1166D/WAPS-300WDPは「Reverse Direction Grant」を無効にし、VLAN モードを「Tagged」にすることで接続可能です。

 

※WDS認証方式が同じ方式でなければ、相互にWDS接続を行う事はできません。

例1:WAPM-APG300N(独自A方式)とWAPM-APG600H(独自B方式)
  →WDS接続できません

例2:WAPM-APG300N(独自A方式)とWAPM-1750D(独自C方式)
  →WDS接続できません

例3:WAPS-APG600H(独自B方式)とWAPS-AG300H(独自B方式)
  →WDS接続可能です

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる