ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 1909]

USBハードディスクのフォーマット形式は何を使用しますか(TS5010、TS5000、TS5000N、TS3010、TS-V、TS-XHL/R6、TS-2RZH、TS-2RZSシリーズ)

  • 公開 2010年9月27日 9時33分
  • 更新 2016年9月30日 9時41分

USBハードディスクのフォーマット形式は何を使用しますか(TS5010、TS5000、TS5000N、TS3010、TS-V、TS-XHL/R6、TS-2RZH、TS-2RZSシリーズ)

TeraStationはEXT3、XFS、FAT32、NTFS、HFS+でフォーマットされたUSBハードディスクを認識できます。ただし、HFS+は読取専用で認識されます。

以下、各フォーマット形式の特徴を説明します。

フォーマット
形式
書込 読取 特徴
EXT3
  1. TeraStationの設定画面からフォーマットすることができます。
  2. ジャーナリングファイルシステムに対応しています。
  3. フォーマットに数分~数十分程度時間がかかります。
  4. フォーマット後に使用できる容量がXFSに比べて少なくなります。
  5. 1つのフォルダーにファイルの数が多くなるほどアクセスが遅くなります。
  6. パソコンに直接接続しても認識できません。
XFS
  1. TeraStationの設定画面からフォーマットすることができます。
  2. TeraStation本体もXFSでフォーマットされています。
  3. ジャーナリングファイルシステムに対応しています。
  4. フォーマット後に使用できる容量がEXT3に比べて多くなります。
  5. 1つのフォルダーにファイルの数が多くなってもアクセスが遅くなりません。
  6. パソコンに直接接続しても認識できません。
FAT32
  1. TeraStationの設定画面からフォーマットすることができます。
  2. 1ファイル4GB以上のデータはコピー、バックアップ、レプリケーションできません。
  3. 「:」などMac OS Xで使用する一部の文字が使用できません。
  4. パソコンに直接接続して認識することができます。
NTFS
  1. TeraStationの設定画面からフォーマットすることはできません。
  2. Windows 7/Vista/XP/2000、Windows Server2003/Server2008に直接接続して認識することができます。
HFS+ ×
  1. TeraStationの設定画面からフォーマットすることはできません。
  2. 読み取り専用で認識されるため、データのコピー、バックアップ、レプリケーションはできません。
  3. Mac OS X 10.3.9以降に接続して認識することができます。
exFAT
  1. TS5010/TS3010シリーズのみ対応です。
  2. TeraStationの設定画面からフォーマットすることはできません。
  3. Windows 10/8.1/8/7/Vista SP1/XP SP2以降、Mac OS X 10.6.5以降に直接接続して認識することができます。
    ※Windows XP SP2以降はMicrosoftが提供するexFAT対応の更新プログラムを適用する必要あり

 

※2.2TBを超える外付けUSBハードディスクをTeraStationに接続する場合、[GPTでパーティショニングする]を選択することをおすすめします。選択しない場合、容量が正しく認識されないことがあります。ただし、Windows 7 / Vista、Windows Server2003 ServicePack1以降、Windows Server2008、Mac OS X10.4以降のパソコンおよびGPT対応のTeraStation以外では認識できなくなりますのでご注意ください。


  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる