ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2026]

AutoNegotiationに対応していますか

  • 公開 2010年10月19日 10時40分
  • 更新 2013年7月5日 15時26分

AutoNegotiationに対応していますか

■LTR2-TX-SFCR、LTR2-TX-MFC2R、LTR2-TX-WFCRシリーズ

 

10/100M Full Duplex/Half Duplex AutoNegotiationに対応しています。

また、DIPスイッチによる手動設定も可能です。

1.AUTO/FORCE-TP(初期値:AUTO) 自動/手動設定の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(AUTOの場合、スイッチ2、3の設定は無効)
2.100/10-TP(初期値:100) 伝送速度の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(スイッチ1がFORCEの場合のみ設定可)
3.FDX/HDX-TP(初期値:FDX) 全二重/半二重の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(スイッチ1がFORCEの場合のみ設定可)
4.LFP/LFP DIS(初期値:LFP) LFP(Link Fault Pass-Through)機能の有効/無効の
切り替えを行います。
5.FDX/HDX-FX(初期値:FDX) 全二重/半二重の切り替えを行います。
(100BASE-FX用)

 

* AutoNegotiation対応は、UTP側のみです。
* 本製品のACアダプターをいったん外し、DIPスイッチの変更後に取り付け直してください。

 

 

■BMC-GTシリーズ

10/100M Full Duplex/Half Duplex AutoNegotiationに対応しています。

また、DIPスイッチによる手動設定も可能です。

1.AUTO/MANUAL(初期値:AUTO) 自動/手動設定の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(AUTOの場合、スイッチ2、3の設定は無効)
2.100M-10M(初期値:100M) 伝送速度の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(スイッチ1がMANUALの場合のみ設定可)
3.FDX/HDX(初期値:FDX) 全二重/半二重の切り替えを行います。
(100BASE-TX/10BASE-T用)
(スイッチ1がMANUALの場合のみ設定可)
4.LFP ON/LFP OFF (初期値:LFP OFF) LFP(Link Fault Pass-Through)機能の有効/無効の
切り替えを行います。

 

* AutoNegotiation対応は、UTP側のみです。
* 本製品のACアダプターをいったん外し、DIPスイッチの変更後に取り付け直してください。
* TP側(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)が切断された場合、SFP側(1000BASE-SX/LX/BX)のリンクを切断します。
SFP側が切断された場合は、TP画輪のリンクが切断されます。

 

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる