ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2434]

ハードディスクを省電力で使いたいです。(省電力ユーティリティー)

  • 公開 2010年12月16日 13時29分
  • 更新 2011年5月27日 15時30分

【詳細】

省電力ユーティリティーを使用することで、ハードディスクを省電力状態にして消費電力を抑えることができます。 (Windowsのスタンバイやスリープ等の省電力状態とは異なります) ここでは、省電力ユーティリティーを設定して、ハードディスクを休止状態に移行したり、 休止状態から復帰させる方法を説明します。

【対象製品】

HD-HESU2

【環境】

Windows 7(32bit)/ Vista(32bit)/ XP / 2000



《ご注意》
WindowsXP/2000をお使いの場合、ハードディスクのAUTO電源機能切替スイッチを「AUTO」に設定してください。 「MANUAL」ではハードディスクを省電力状態にできません。

ハードディスクの取り外しは、省電力ユーティリティ for HDを使って行ってください。


■省電力ユーティリティーをインストールします。
  1. パソコンの電源をONにします。
  2. 製品付属のACアダプターを、USBハードディスクとコンセントにつなぎます。
    ハードディスクの電源をONにします。

    Image Image  
  3. USBケーブルをパソコンとUSBハードディスクへ接続します。
    起動中のアプリケーションを全て終了し、付属のユーティリティーCDをパソコンにセットします。

    Image Image
  4. 「自動再生」画面が表示されたら、「BuffaloInst.exeの実行」をクリックします。

    Image

    「プログラムを続行するにはあなたの許可が必要です」と表示された場合は、[続行]をクリックします。
  5. 簡単セットアップが起動したら、「ユーティリティーを使用する」を選択し、[次へ]をクリックします。

    Image
  6. 「省電力ユーティリティー for HDのインストール」を選択し、[開始]をクリックします。

    Image
  7. 「省電力ユーティリティーをインストールをします。」と表示されたら、
    [開始]をクリックします。

    Image
  8. [OK]をクリックします。

    Image
  9. [次へ]をクリックした場合は「タイマーを使って休止状態にする」へを確認します。
    [中止]をクリックすると省電力ユーティリティー for HD インストーラーが終了します。

    Image
  10. 右上の×をクリックして、画面を閉じます。

    Image

    以上で、インストールは完了です。


■タイマーを使って省電力状態にする方法。
《ご注意》
・アクセス中のハードディスクを取り外したり、省電力状態にすることはできません。
 省電力状態にする前や取り外しをする前に、ハードディスクのアクセスランプが
 点滅していないことを確認してください。
  1. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFFFALO]-[省電力ユーティリティー for HD]-
    [省電力ユーティリティー for HD]をクリックします。
  2. 省電力状態にしたいハードディスクを選択し、[タイマ設定]をクリックします。

    Image
  3. プルダウンリストから、設定したい時間を選択し[OK]をクリックします。

    Image
  4. 設定した時間は「タイマ」の欄で確認できます。[適用]をクリックします。
    [OK]をクリックし、画面を閉じます。

    Image

    設定した時間アクセスがないと、ハードディスクが省電力状態になります。
    以上で、タイマ設定は完了です。


■タイマーを使わないで省電力状態にする
《ご注意》
・アクセス中のハードディスクを取り外したり、省電力状態にすることはできません。
 省電力状態にする前や取り外しをする前に、ハードディスクのアクセスランプが
 点滅していないことを確認してください。
  1. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFFFALO]-[省電力ユーティリティー for HD]-
    [省電力ユーティリティー for HD]をクリックします。
  2. 省電力状態にしたいハードディスクを選択し、[省電力/復帰]をクリックします。

    Image
  3. 「状態」の欄で現在の状態を確認できます。
    「省電力状態」と表示されていれば、 ハードディスクは省電力状態になっています。
    [OK]をクリックし、画面を閉じます。

    Image

    以上で、省電力の設定は完了です。


■省電力状態から復帰する方法。
  1. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFFFALO]-[省電力ユーティリティー for HD]-
    [省電力ユーティリティー for HD]をクリックします。
  2. 省電力状態から復帰させたいハードディスクを選択して、[省電力/復帰] をクリックします。

    Image
  3. 「状態」の欄で現在の状態を確認できます。
    「通常状態」と表示されていれば、ハードディスクは省電力状態から復帰しています。
    [OK]をクリックし、画面を閉じます。

    Image

    以上で、省電力状態からの復帰は完了です。
《ご注意》
・Windows 7/Vistaをお使いの場合、パソコンの起動、再起動時に
 ユーザーアカウント制御の画面が表示されることがあります。
 画面が表示されたら、[はい]または[続行]をクリックしてください。


■ハードディスクの取り外し方法。
  1. 省電力ユーティリティ for HDをインストールした場合は、以下の手順で取り外してください。
  2. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFFFALO]-[省電力ユーティリティー for HD]-
    [省電力ユーティリティー for HD]をクリックします。
  3. 省電力状態から復帰させたいハードディスクを選択して、[取り外し]をクリックします。


    Image
  4. 画面から取り外すハードディスクの名称が消えたことを確認し、ハードディスクを取り外します。

    Image Image

    以上で、取り外しは完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる