ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2470]

プリントサーバーを使用して印刷できません。≪Canon LBPシリーズ≫

  • 公開 2010年12月17日 14時52分
  • 更新 2016年10月5日 16時17分
【詳細】
プリントサーバーを使用して印刷できません。【プリントサーバー全般】≪Canon LBPシリーズ≫
【原因】双方向通信機能を無効にできないプリンターを使用しているため。

弊社製プリントサーバーは、一部機種(※)を除きプリンターの双方向通信機能に対応していません。
そのため、プリントサーバー経由で印刷するためにはプリンターの双方向通信を無効に設定する必要があります。
※LPV4-U2-300S、LPV3-U2S

以下Canon社製プリンターは、Canon社 CAPT(Canon Advanced Printing Technology)ソフトウェアが導入されており、
このソフトウェアで双方向通信機能を無効にすることができないため、プリントサーバーを使用することができません。

【Canon社 CAPTソフトウェアが導入されている機種例】

 ・LBP-3200
 ・LBP-1110
 ・LBP-1110SE
 ・LBP-1210
 ・LBP-250
 ・LBP-220Pro
 ・LBP-220
 ・LBP-210    など

 ※双方向通信機能の設定やCAPTソフトウェアの詳細は、プリンタメーカーにお問い合わせください。

◆弊社プリントサーバー動作確認済みプリンターは、以下対応情報で確認ください。

 ・LPV4-U2-300S 動作確認済みプリンター
 ・LPV4-TX1 動作確認済みプリンター
 ・LPV3-U2S、LPV3-U2-G54 動作確認済みプリンター


LPV4-U2-300SおよびLPV3-U2S は、双方向通信に対応しています。
 詳しくは以下の内容をご確認ください。

[LPV4-U2-300Sをご利用の場合]

パソコンがWindows 10/8.1(64/32bit)/8(64/32bit)/7(64/32bit)/Vista(64/32bit)/XP(32bit)またはMacOS 10.5~10.10(Intel CPU搭載機)で、
デバイスサーバー設定ツールにて接続している場合は、プリンターの双方向通信(※)を利用できます。


※双方向通信は、インク残量チェック、スキャナー利用のみ対応しています。
 印刷およびプリンターに搭載されたカードリーダー機能などには対応していません
 通常の印刷を行う際は、デバイスサーバー設定ツールを切断した状態で行う必要があります。

・動作確認済みプリンターは、対応プリンター一覧で確認ください。


[LPV3-U2Sをご利用の場合]

パソコンがWindows 7(32bit)/Vista(32bit)/XP(32bit)/2000で、LPV3ダイレクト接続マネージャにて接続している場合は、
プリンターの双方向通信(※)を利用できます。


※双方向通信は、印刷、インク残量チェック、スキャナー利用のみ対応しています。
 プリンターに搭載されたカードリーダー機能などには対応していません

・動作確認済みプリンターは、対応プリンター一覧で確認ください。


*Windows 7(32bit)/Vista(32bit)/XP/2000にてLPV3ダイレクト接続マネージャを使用しない場合や、
 Windows 7(32bit)/Vista(32bit)/XP/2000以外のOSの場合は、プリンターの双方向通信機能は利用できません。
 プリンターの双方向通信機能を無効にしてご利用ください。

*Windows Vista(32bit)で双方向通信機能を利用する場合は、LPV3シリーズユーティリティーCD Ver.1.12以降の
 最新版に含まれているダイレクト接続マネージャをご利用ください。

*Windows 7(32bit)で双方向通信機能を利用する場合は、LPV3シリーズユーティリティーCD Ver.1.22以降の
 最新版に含まれているダイレクト接続マネージャをご利用ください。

参考FAQ: 対応しているOS・使用制限について【LPV3-U2S】



以上

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる