ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2519]

ハードディスクを交換する方法

  • 公開 2010年12月21日 17時48分
  • 更新 2011年11月2日 18時7分
ハードディスクを交換する方法
■RAID10/RAID5モードでお使いのとき
故障したハードディスクのアクセスランプが赤色点灯していますので、本製品の電源をOFFにし、ACアダプターを取り外し、
ハードディスクを交換してください。

■RAID0/スパニング/通常モードでお使いのとき
RAID0モード、スパニングモード、通常モードで故障した時は、RAIDアレイ内のデータ、ハードディスク内のデータを失います。
ハードディスクを交換してもデータを修復することはできません。
RAID管理ユーティリティーで故障したディスク番号の[状態]に「エラー発生」の文字が表示されます。
本製品の電源をOFFにし、故障したハードディスクを交換してください。

 内蔵ハードディスク交換の際は、以下の点にご注意ください。

  • 故障した内蔵ハードディスク以外は交換しないでください。
  • 内蔵ハードでディスクが同時に複数故障した場合、1台ずつ交換作業を行ってください。
  • 交換用ハードディスクは当社の「OP-HDシリーズ」を用意してください。


  1. 故障したハードディスクの番号のアクセスランプが赤色に点灯しています。
    アクセスランプの番号をメモしておきます。この番号が交換するハードディスクの番号となります。
  2. パソコンの電源をOFFにして、本製品をパソコンから取り外します。
  3. 本製品の電源をOFFにし、ACアダプター、USBケーブル(または、eSATAケーブル)を取り外します。
  4. マグネットで固定されている前面カバーを手前へ取り外します。
    Image

  5. アクセスランプが赤色に点灯していた番号のハードディスクカートリッジのつまみを左方向に押しながら手前へ引きます。
    Image
    取り付ける場合は、カチンと音がするまでつまみを押さえます。

  6. 取り外した逆の手順で別売のカートリッジ付ハードディスクOP-HDシリーズを取り付け、元どおりに組み立てます。
  7. ケーブル類をすべて元の状態に接続し、本製品の電源をONにします。
  8. 本製品をパソコンに接続します。 RAID5やRAID10の場合は、アクセスランプが赤色に点滅し、リビルドが始まります。

    以上でハードディスクの交換は完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる