ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2548]

ハードディスクのセットアップ方法(ドライブナビゲータ)

  • 公開 2010年12月27日 15時36分
  • 更新 2011年5月27日 15時30分

【詳細】

今回、バッファローのUSBハードディスクを購入しました。USBハードディスクをパソコンに接続し、セットアップする方法を教えてください。

【対象製品】

HD-WLSU2/R1シリーズ

【環境】

Windows 7(32bit/64bit) / Vista(32bit/64bit) / XP / Server 2008 R2 (64bit) / Server 2008 (32bit/64bit) / Server 2003 / Server 2003 R2 (32bit)

【用意するもの】

製品本体、USBケーブルまたはeSATAケーブル

  1. 本製品とパソコンを接続します。
    ※RAIDの設定を変更する場合は、USBケーブルで接続してください。

  2. ユーティリティーCD をパソコンにセットします。
    ※Windows 7/Vista をお使いの場合、自動再生の画面が表示されたら[DriveNavi.exe の実行]をクリックしてください。
     また、「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」や、
     「プログラムを続行するにはあなたの許可が必要です」と表示されたら、[ はい] または[ 続行] をクリックします。
    ※CD をセットしても、手順3 の画面が表示されない場合は、ユーティリティーCD内の「DriveNavi.exe」を
     ダブルクリックしてください。

  3. ドライブナビゲーター(DriveNavigator)のインストール画面が表示されます。
    [かんたんスタート]をクリックします。

  4. 使用許諾契約の画面が表示されたら、内容確認して[同意する]をクリックします。

  5. [製品のセットアップ]をクリックします。

  6. [次へ]をクリックします。

  7. RAID モードの設定を行います。
    ※出荷時は、RAID1 モードに設定されています。



    ■RAIDモードを変更する場合・・・[はい]をクリックします。
    ■RAIDモードを変更しない場合・・・[いいえ]をクリックします。手順15へ進んでください。
  8. [設定]→[ディスク構成の変更]の順にクリックします。

  9. 変更するRAID モードを選択し、[次へ]をクリックします。
    ※「パスワードを設定する」にチェックを付けると、RAID 構築時のパスワードを設定できます。
     パスワードを忘れると設定できなくなりますので、お客様で厳重に管理してください。


  10. フォーマット形式を選択し、[次へ]をクリックします。



    ・NTFSフォーマット(推奨)を選択することをお勧めします。
    ・FAT32フォーマットを選択した場合、4GB以上のファイルを保存できません。

    【注意】Windows XP/Server 2003(Service Pack適用前)をお使いの場合

    2TBを超える容量の本製品をフォーマットするときは、「NTFSフォーマット-互換モード」または
    「FAT32フォーマット-互換モード」を選択してください。
  11. 「RAIDモードを変更すると、ハードディスク内のデータが消去されますがよろしいですか?」と表示されたら、[Yes]をクリックします。

  12. 「変更先ドライブの内容を再度確認してください。続行してよろしいですか?」と表示されたら、
    [はい]をクリックします。RAIDの構成が始まります。
  13. 「RAID構築が完了しました」と表示されたら、[OK]をクリックします。

  14. フォーマットが完了すると、手順8 の画面に戻りますので、
    [ファイル]→[終了]をクリックして画面を閉じてください。
  15. つづいて、Buffalo Toolsセットアップをインストールします。
    インストールしたいツールにチェックいれて、[はい]をクリックします。
    ※ Windows Server 2008 R2/Server 2008/Server 2003 R2/Server 2003をお使いの場合、
    下記の画面は表示されません。そのまま手順19へ進んでください。




    ※ RAMDISK ユーティリティをインストールすると「ドライバソフトウェア発行元を検証できません」と
    表示されることがあります。表示されたら[このドライバ ソフトウェアをインストールします]をクリックしてください。
  16. 「Buffalo Tools をインストールしました。」と表示されたら、[OK]をクリックします。

  17. NTFS 形式で製品をフォーマットします。
    ※ 本製品の出荷時は、FAT32 形式でフォーマットされています。
    4GB以上の大容量ファイルを保存する方は、[はい]をクリックします。
    ※ NTFS形式にフォーマットすると、Mac OSで本製品が使用できなくなります。
    本製品をMacOSと共用する方は、[いいえ]をクリックして、手順19へ進んでください。

  18. 「フォーマットが完了しました。」と表示されたら、[OK] をクリックします。

  19. 「設定完了です」と表示されたら、[OK] をクリックします。

    ※ RAMDISK ユーティリティ、Backup Utility をインストールした場合は、
    パソコンを再起動した後に各ソフトウェアの設定を行ってください。
  20. 各ソフトウェアの設定が完了したら、コンピューター(マイコンピュータ)に本製品が追加されていることを確認します。



    ※ RAID1(出荷時設定)に設定された場合、本製品の容量はパッケージに記載の容量の半分になります。

    以上で完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる