ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2550]

ハードディスクへのデータ保存を高速化したいです。(ターボPC)

  • 公開 2010年12月27日 16時14分
  • 更新 2012年11月15日 9時39分

【詳細】

・TurboPCを使用してパソコン搭載のメモリーを用いて(キャッシュを使って)本製品の読み込み、書き込みを最適化し、高速化したいです。

【対象製品】

HD-CBU2、HD-LBU2、HD-LBU3、HD-ALU2、HD-LB1.0TU2/HPX6、HD-PCT500U2/HPX6、HD-WLSU2/R1、HD-QLSU2/R5、HD-PXTU2、HD-PCTU2、HD-PEU3、HD-PETU2、HD-PSTU2

【環境】

Windows 7(32bit/64bit)/ Vista(32bit/64bit)/ XP

【用意するもの】

製品本体、USBケーブル

※TurboPCの有効化、設定を行うときは、コンピューターの管理者(Administrator)権限をもつアカウントで
 ログインしてください。
  1. [スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[TurboPC]-[TurboPC 設定]を選択します。
    ※[TurboPC] の項目が表示されない場合は、TurboPCを設定するユーティリティーがインストールされていません。ソフトウェアをインストールしてください。インストール方法はこちら

  2. TurboPCで設定状況の確認、変更を行います。

    (1)TurboPCを有効にする機器を選択します。
     チェックを外すと無効に、チェックを付けると有効に設定します。
    (2)TurboPCを有効にする機器1台あたりに使用するメモリーのサイズ(キャッシュサイズ)を指定します。
    (3)TurboPCの設定変更する場合は[設定変更]、変更しない場合は[キャンセル]をクリックします。
     ※設定変更後は、パソコンを再起動する必要があります。



    ※TurboPCで使用できるキャッシュサイズは、最大512MBです(有効にした機器全ての合計)。
     合計キャッシュサイズが512MBを超えると、[設定変更]をクリックできなくなります。
     その場合は、「1台あたりのキャッシュサイズ」の数字を小さくしてください。

    ・画面の表で、メモリーの使用状況を確認できます。
    ・パソコン内蔵のハードディスクもTurboPCを有効にできます。
    ・1台あたりのキャッシュサイズは、32MBと64MBから選択できます。
    ■キャッシュサイズの変更例
  1. 現在の設定を確認します。


  2. キャッシュサイズを64MBに変更し、[設定変更]をクリックします。


  3. [はい]をクリックします。


  4. 再起動後、[スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[TurboPC]-[TurboPC 設定]を選択します。 設定が反映されていることを確認します。


    以上で、設定変更は完了です。
  5.  
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる