ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 2654]

ERRORランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容がわかりません(TS5000、TS5000N、TS-V、TS-X、TS-IXシリーズ)

  • 公開 2011年1月6日 11時20分
  • 更新 2016年7月21日 11時3分

ERRORランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容がわかりません(TS5000、TS5000N、TS-V、TS-X、TS-IXシリーズ)

ERRORランプ点灯時の液晶ディスプレイ表示の内容を説明します。
液晶ディスプレイ表示は本体の[DISPLAY]ボタンで切り替わります。

 

※TS-XシリーズにてFW Ver.1.51以降適応時のランプ状態になります。

 

液晶ディスプレイ表示例 内容 対応
E00 SYSTEM Error E00
MPU No Response
システムが応答していません。

1. 電源コードを抜いて電源を切ります。
2. 製品を起動します。

再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E01 DRAM LINES E01
DATA Failure
内部部品が一部正しく動作していません。
E02 DRAM LINES E02
ADDRESS Failure
E03 RTC Chip E03
No RTC Clock
E04 SYSTEM Error 04
Can't Load Kernel
ファームウェアが破損しています。

製品が故障しているため、修理を依頼ください。

以下の操作にて起動できるようになる場合がありますが、再起動を繰り返すことにより他の障害を併発することがありますので、修理センターへの修理依頼を推奨いたします。

【操作手順】
[電源ボタンを3秒程度押し続ける]→[E04が発生し、製品の電源が切れる]という操作を4~5回実施すると、液晶ディスプレイの製品名の一部に"EM"と表示されて起動します。"EM"(エマージェンシーモード)では、ファームウェアアップデート作業を実施することにより正しく起動できる場合があります。

E05 WDT E05
SYSTEM Stopped
システムが停止しました。

1. 電源コードを抜いて電源を切ります。
2. 製品を起動します。

再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E06 TFTP MODE E06
Lost boot image
ファームウェアが壊れています。
E07 HD ALL E07
All HD Not Found
ハードディスクが認識されていません。

製品の電源をOFFにして、ハードディスクを接続し直してください。

上記を行ってもエラーが発生する場合は、当社修理センターへ製品の修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E10 UPS E10
Dependent Mode
UPS(無停電電源装置)のバッテリーで駆動している状態です。製品を安全にシャットダウンします。

※ファームウェア Ver.3.41以降の場合はこちらのFAQを確認してください。

UPSの電源異常を検知して製品がシャットダウンしている状態です。
UPSの電源の復旧を確認して製品の電源をONにしてください。
UPSリカバー機能を設定している場合は、UPSの電源が復旧すると自動で製品の電源もONになります。

E11 SYSTEM Error E11
Fan Failure
ファンの回転数に異常があります。

ファンに付着している異物やほこりをピンセットやエアダスターで取り除きます。再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E12 SYSTEM Error E12
Cooling Failure
システムの温度上昇が、保証値を超えました。

製品内部の温度エラーが発生している状態です。製品のファンに付着しているほこりを取り除いてください。 直射日光の当たらない場所に設置してください。 製品のファンを塞ぐような設置はしないでください。

上記を行ってもエラーが発生する場合は、当社修理センターへ製品の修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E13 RAID Error E13
ARRAYx Error
x番のRAIDアレイでエラーが発生しました。RAID6/5/1/10のときはデグレードモードとして動作します。

RAIDアレイを再構築することで復旧できます。

同時にE15、E23またはE30(TS-XシリーズにてFW Ver.1.51以降適応時)が発生している場合にはエラーの発生した内蔵ハードディスクは交換することを推奨します。

※ディスク交換の際には同時に表示されているドライブ番号をご確認頂き、交換対象のディスクを間違わないようご注意下さい。
E13はアレイ番号、E15,E23,E30はディスク番号を示します。

E14 RAID Arrayx E14
Can't Mount
x番のRAIDアレイがマウントできませんでした。

TeraStation内のデータをチェックします。異常があったときには自動的に修復します。
チェックには数十分~数十時間かかります。 チェック中はTeraStationの共有フォルダーを利用できません。 チェック中はTeraStationの電源スイッチを絶対にOFFにしないでください。

【設定方法】
TeraStationの設定画面で、[システム]-[ディスク]をクリックします。チェックを行なうハードディスクを選択し、[ディスクチェック]をクリックします。[チェック]をクリックします。

E15 HDx Error E15
Many Bad Sectors
x番のハードディスク故障です。  (x番のハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達しました。)

x番のハードディスクを交換してください。

HDDの交換方法を確認する

E16 HDx Error E16
HDx Not Found
x番のハードディスクが見つかりません。

x 番のハードディスクが接続されていない、またはx 番のハードディスクが故障している可能性があります。 x 番のハードディスクを交換してください。

HDDの交換方法を確認する

E17 Chip Error E17
RTC Failuer
基盤故障

電源コードを抜いて電源を切って再起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E18 Chip Error E18
SATA1 Failure
E19 Chip Error E19
SATA2 Failure
E20 Chip Error E20
USB Failure
E21 Chip Error E21
Ethernet Failure
E22 HDx Error E22
XMany Bad Sectors
x番目のハードディスクのマウントに失敗しました。

x番のハードディスクのフォーマットを行ってください。フォーマットを行い、再起動した後でもエラーが出る場合には、ハードディスクを交換してください。

HDDの交換方法を確認する

再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。

インターネットで修理を申し込む

E23 HDx Error E23
HDx Is Faulty
エラーが発生し、x番のハードディスクがRAIDアレイから外されました。

ファームウェアを更新後、x番のハードディスクを交換してください。

HDDの交換方法を確認する

E26 Replication E26
Replicate Failure
レプリケーションでエラーが発生しました。

レプリケーション機能による更新情報の転送に失敗しました。レプリケーションの再同期を行います。
[システム] - [バックアップ] - [レプリケーション] - [再同期]をクリックします。

E27 FailOver E27
LostBackupTarget
バックアップ先のTeraStationが見つかりません。

設定画面[バックアップ]-[フェイルオーバー]でフェイルオーバー機能のバックアップ先を設定してください。

E30 HDx Broken E30
Replace the DISK
エラーが発生し、x番のハードディスクがRAID アレイから外されました。

x番のハードディスクを交換してください。

HDDの交換方法を確認する

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる