ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 301]

クライアントマネージャVを使用してAOSSで無線接続する方法

  • 公開 2010年8月18日 10時14分
  • 更新 2016年11月29日 13時26分
クライアントマネージャVを使用してAOSSで無線接続する方法

下段アンケートにご協力ください。ご記入頂いた内容に基づきQ&Aを改善した場合、Twitterにてご報告(見本1 見本2)することがあります。お手数ですがBuffaloCS Twitter のフォロワー登録もお願い致します。


以下の手順で設定してください。

 

  1. クライアントマネージャVと無線子機のドライバー(バッファロー製無線子機を利用の場合のみ)をインストールします。

    ■パソコンに内蔵されている無線機能を利用する場合

    1)製品に添付されているエアナビゲータCD(Ver.12.01以降)をCDドライブにセットします。
    2)エアナビゲータのメニュー画面が表示されたら、画面下の[オプション]をクリックします。
    3)[上級者向けインストール]をクリックし、「クライアントマネージャV」にチェックを入れ、[インストール開始]をクリックします。
    4)画面に従い、インストールを進めます。

    パソコンにCDドライブがない場合や、エアナビゲータCDがない場合は
    以下のいずれかの方法でインストールしてください。

    ①パソコンを一旦有線(LANケーブルで無線親機と接続)でインターネット接続し、こちらのページからクライアントマネージャVをダウンロードし、インストールします。

    ②インターネットに接続できる他のパソコンでこちらのページからクライアントマネージャVをダウンロードし、USBフラッシュメモリーなどに保存し、接続したいパソコンにダウンロードファイルをコピーし、実行します。


    ■バッファロー製無線子機を利用する場合

    製品に添付されているエアナビゲータCD(Ver.12.01以降)をCDドライブにセットします。
    画面に従って操作すると、クライアントマネージャVと無線子機のドライバーがインストールされます。

    パソコンにCDドライブがない場合や、エアナビゲータCDがない場合は
    以下のいずれかの方法でインストールしてください。

    ①パソコンを一旦有線(LANケーブルで無線親機と接続)でインターネット接続し、こちらのページから最新版のエアナビゲータライトをダウンロードし、インストールします。

    ②インターネットに接続できる他のパソコンでこちらのページから最新版のエアナビゲータライトをダウンロードし、USBフラッシュメモリーなどに保存し、接続したいパソコンにダウンロードファイルをコピーし、実行してします。
  2. 画面右下のタスクトレイにあるクライアントマネージャVアイコン(例: クライアントマネージャVアイコン )を左クリックし、「接続先の作成」を選択します。

    ※タスクトレイにアイコンが表示されない場合は、タスクトレイ内の ImageImage をクリックすることで表示されます。

    クライアントマネージャVメイン画面

    ■クライアントマネージャVアイコン
    通信中 通信中
    未接続 未接続
    無線LANアダプタなし 無線LANアダプターなし

    ※タスクトレイのクライアントマネージャVアイコンは状態によって変化します。

     

  3. 環境を確認します。

    ・無線親機とパソコンの距離をできるだけ近づけます。

    ・無線親機とパソコンをLANケーブルで接続している場合、LANケーブルをはずします。

    ・セキュリティーソフトをインストールしている場合、一旦、ファイアウォール機能を無効にします。

  4. クライアントマネージャVの「無線接続先の作成」画面が表示されますので、「WPS/AOSS」ボタンをクリックします。

    自動セキュリティ設定(かんたん)を選択

    ※クライアントマネージャVのバージョンによって、画面が異なります。

  5. 「自動セキュリティ設定中のエアステーション無線親機を探しています...」
    という画面に変わったら、無線親機のAOSSボタンを押します。

    クライアントマネージャVの画面例:
    無線親機のAOSSボタンを押す

    無線親機のAOSSボタン例:


    ※AOSSボタンの位置・ボタンを押す時間は、製品によって異なります。詳しくは無線親機の取扱説明書をご覧ください。

  6. AOSSでの接続が始まりますので、画面が変わるまでしばらく待ちます。

    AOSSで接続1・・・> AOSSで接続2

    ※最適な無線接続方式が自動的に選択されるため、AOSSではなくWPSで接続される場合があります。

  7. [AOSSで接続が完了しました]と表示されたら、接続先の名前を入力して、[保存して閉じる]をクリックします。(例.自宅-AOSS)
    AOSSで接続が完了しました

    ※WPSで接続された場合「WPS プッシュボタン式で接続が完了しました」と表示されたら接続先の名前を入力して、[保存して閉じる]をクリックします。(例.自宅-AOSS)

    ※AOSSの場合の初期値は「無線親機の無線MACアドレス(WDS用)-AOSS」、WPSの場合の初期値は「無線親機の無線MACアドレス(WDS用)-WPS」です。

    ※「ネットワークの場所の設定」画面が表示されたら、手順8・9を行ってください。

  8. 「無線接続先の作成が完了しました」と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

    無線接続先の作成が完了しました
  9. 「ネットワークの場所の設定」画面が表示されたら、場所を選択します。
    (例.「家庭」を選択)

    「ネットワークの場所の設定」で家庭を選択
  10. 「ネットワーク設定が正しく設定されました」と表示されたら、[閉じる]をクリックします。

    ネットワーク設定が正しく設定されました
  11. 画面右下のタスクトレイのクライアントマネージャVアイコンが 通信中 になっていることを確認します。


    ※タスクトレイにアイコンが表示されない場合は、タスクトレイ内の ImageImage をクリックすることで表示されます。


  12. 以上で設定は完了です。
  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる