ホーム

BUFFALO

お問合せ

よくあるご質問(FAQ)

  • [アンサーID: 5163]

対応しているRAIDモードは何ですか

  • 公開 2011年1月31日 17時18分
  • 更新 2016年5月26日 14時44分

対応しているRAIDモードは何ですか

出荷時のモードはです。

 

RAID6 RAID5 RAID10 RAID1 RAID0 JBOD 通常モード
HD-HT/R6
HD-DT/R6
HD-QLU3/R5※
HD-QLSU2/R5※
HD-QHU3/R5※
HD-QSIBSU2/R※
HD-QSSU2/R5※
HD-WLU3/R1※
HD-WLSU2/R1※
HD-WHU3/R1※
HD-WHU3/R1-C

※電源を入れたままドライブ交換ができる「ホットスワップ」には対応しておりません。
 かならず電源を切ってから交換作業を行って下さい。

 

 

■RAID 6モード

データから2重にパリティー(誤り訂正符号)を生成し、データとともに複数のドライブに分散して記録します。
構成するHDDの台数のうち、2台までならどのHDDが故障しても復旧が可能なモードです。
また、1台が故障して復旧している場合にもう1台が故障した場合にも、本モードなら復旧が可能です。
(構成するHDDの台数 - 2)台分の容量が使用できます。(例:HDD6台で構成時は4台分、HDD10台で構成時は8台分)

 

※RAID 6はデータ保護に有効な機能ですが、データの完全保護は保証いたしかねます。大事なデータはバックアップと併用ください。

 

 

■RAID 5モード

データからパリティー(誤り訂正符号)を生成し、データとともに複数のドライブに分散して記録します。
構成するHDDの台数のうち、どれか1つドライブが破損しても、ドライブ交換することでパリティー内の情報から復旧が可能なモードです。
(構成するHDDの台数 - 1)台分の容量が使用できます。(例:HDD6台で構成時は5台分、HDD10台で構成時は9台分)

 

※RAID 5はデータ保護に有効な機能ですが、データの完全保護は保証いたしかねます。大事なデータはバックアップと併用ください。

 

 

■RAID 10モード

ドライブ2台でデータを2重化したペアを、さらに2台×2でまとめて1組のHDD(アレイ)としてデータを分散して保存します。
各ペアには、それぞれ同じデータが記録されます。
万一のドライブ故障時には、ドライブを交換し、ペアのドライブからデータを復旧できます。
同じデータを保存したペアのドライブが同時に故障しない限り、最大2台までのHDDの故障に対応できます。

※RAID 10はデータ保護に有効な機能ですが、データの完全保護は保証いたしかねます。大事なデータはバックアップと併用ください。

 

 

■ミラーリング(RAID 1)モード

ドライブ1台×2を1組のHDD(アレイ)としてデータを保存します。
ペアには、それぞれ同じデータが記録されます。
万一のドライブ故障時には、ドライブを交換し、ペアのドライブからデータを復旧できます。




※RAID1はデータ保護に有効な機能ですが、データの完全保護は保証いたしかねます。大事なデータはバックアップと併用ください。

 

 

■ストライピング(RAID 0)モード

内蔵しているドライブにデータを分散して保存します。
ドライブが故障した際、データサルベージによるデータ復旧※がしにくいという特長があります。

※当社ではデータ復旧は行っておりません。
データ復旧サービスの紹介をさせていただいておりますので「データ復旧サービス情報のご紹介」ページをご覧ください。

 

 

■スパニング(JBOD)モード

内蔵している2つのドライブを1つの大きなドライブとして扱うモードです。ストライピングと似ていますが、分散書込みをしないため、高速性にはかけますが、ドライブが故障をした際、データサルベージによるデータ復旧※が比較的しやすいのが特長です。

※当社ではデータ復旧は行っておりません。
データ復旧サービスの紹介をさせていただいておりますので「データ復旧サービス情報のご紹介」ページをご覧ください。

 

 

■通常モード

RAID を構築しないで使用します。

 

※対応OSは各製品ページをご確認ください。

  • このよくある質問は役に立ちましたか?

表示 : スマートフォンPC

閉じる